サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プラトン序説
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 新書館
  • サイズ:22cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-403-12001-6
  • 国内送料無料

紙の本

プラトン序説

著者 エリック・A・ハヴロック (著),村岡 晋一 (訳)

なぜプラトンは「理想国家からの詩人の追放」という、あの悪名高い主張を持ち出さねばならなかったのか。プラトン哲学を生んだのは声から文字へのメディアの変化だと主張する著者の画...

もっと見る

プラトン序説

4,320(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜプラトンは「理想国家からの詩人の追放」という、あの悪名高い主張を持ち出さねばならなかったのか。プラトン哲学を生んだのは声から文字へのメディアの変化だと主張する著者の画期的なプラトン論。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

衝撃的(!)なプラトン論

2001/02/15 23:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は実に刺激に満ちていて、簡単な言葉ではとても要約し尽くせない豊穰な可能性をもった論考である。ここでは、イデア論の誕生に深く関係すると思われる点を紹介しておこう。

 ハヴロックによれば、ソクラテスに特有なものとされる対話法とは、「詩的一体化の習慣に挑戦し、人びとをその習慣から引き離すための一般的な装置」であり、「意識を夢の言語から目覚めさせ、抽象的な思考へと意識を鼓舞するための武器」であった。

 まずハヴロックは、古代ギリシアにおいて「遠い昔から口誦という方法が集団的伝統の保存[記憶]を支配してきたのだとすれば、自己意識なるものはいったいどのようにしてつくりだされえたのか」と問いをたてる。そしてこれに対する解答は、コミュニケーション技術の変化にあるという。

《聴覚による記録は感情的一体化によってしか確実に想起されなかったが、書かれた文字によって記憶が新たにされるようになると、読者はそうした感情的一体化のほとんどを必要としなくなった。これによって心的エネルギーは解放され、いまや書きとめられたものを、つまり、ただ聞き取られ感じ取られただけのものではなく、一つの対象として眼に見えるものを、再検討したり再配列したりするために使われるようになった。》
 紀元前五世紀のギリシアで対話法が使用されるようになったのは、「記憶されたものからのこうした分離」が原因である。

 「それはどういう意味ですか、もう一度言ってください」と問うことは、韻律と定型表現と物語の連続によって聴く者を催眠的な昏睡状態に置く記憶装置としての詩(叙事詩)を中断させ(話の腰を折り)、散文的な、計算的反省を伴うことばにかえてしまう。これが、「プラトンの対話篇にみられるような論理的な論証の連鎖というあの発達した形態」に先立つところの「もっとも単純な形態の原初的な装置[対話法]」である。

 こうした対話法を通して、意識が夢の言語から目覚め、同時にそのような(自己)意識による抽象的思考の対象としての客観が、ひいては「そのものそれ自体」としてのイデアが導き出される。

 ハヴロックによれば、イデアとは「概念」にほかならず、それは「イメージ」に対置される言葉である。「プラトンの思想とは実のところ、イメージ的な言説に替えて概念的な言説を採用しようという呼びかけだと言うのが正しい」。

 そして、ホメロス的なイメージ思考からプラトン的な概念的思考へ、叙事詩的言語から形式的・抽象的言語へのこの「革命」は、「ギリシア精神ばかりか、ヨーロッパ精神の発展におけるまったく新たな段階の到来を告げるもの」であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む