サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 帰ってきたドラゴン 西部諸国シアター 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

帰ってきたドラゴン 西部諸国シアター 1(富士見ドラゴンブック)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

帰ってきたドラゴン 西部諸国シアター 1 (富士見文庫 富士見ドラゴンブック)

著者 山本 弘 (著),グループSNE (著)

帰ってきたドラゴン 西部諸国シアター 1 (富士見文庫 富士見ドラゴンブック)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

西部諸国シアター1 帰ってきたドラゴン

626 (税込)

西部諸国シアター1 帰ってきたドラゴン

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「例外」だからこそ面白いのは分かるが…

2001/09/02 13:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:賢者の石 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 西部諸国で起こる物語を、読者からのハガキをもとに山本弘が綴った短編集。表題作「帰ってきたドラゴン」で見られるように、執筆者である山本弘は既存の価値観を物語内で逆転するのが好きなようだ。この作品では人々のために尽くすダークエルフが登場するのだが、そういった例外がフォーセリアという幻想世界においてどれだけ希少なのか、読者は汲み取ってくれるかどうか心配だ。
 あまり公式の作品でこのような「例外」を出すのはどうかと思う。たしかに「例外」だからこそ物語を面白くできるのだし、読者の固定観念に刺激を与えることができるのだが、度が過ぎるとそれが「当たり前」になってしまって、いずれそれが「価値観の逆転」ではなく、単なる常識に堕してしまうように思える。
 やはり、確固とした価値基準は必要なのだ。その上で「こういう例外もいるが、それは世界観的にみても難しい」という形で提示していく姿勢こそが大切ではないか、と考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

富士見ドラゴンブック ランキング

富士見ドラゴンブックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む