サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

西洋歴史奇譚 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-04645-X
  • 国内送料無料

紙の本

西洋歴史奇譚 新装版

著者 ギイ・ブルトン (編著),ルイ・ポーウェル (編著),有田 忠郎 (訳)

ジャーナリストのギイ・ブルトンと怪異譚研究の第一人者ルイ・ポーウェルの二人が、現代の科学をもってしても解き明かせない事実に基づく怪異譚を20蒐集した「不思議な物語」集。8...

もっと見る

西洋歴史奇譚 新装版

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ジャーナリストのギイ・ブルトンと怪異譚研究の第一人者ルイ・ポーウェルの二人が、現代の科学をもってしても解き明かせない事実に基づく怪異譚を20蒐集した「不思議な物語」集。82年刊の新装版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ギイ・ブルトン

略歴
〈ブルトン〉ジャーナリスト。著書に「フランスの歴史をつくった女たち」など。
〈ポーウェル〉ジャーナリスト。著書に「超人の午餐」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

百物語

2008/11/28 01:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 歴史上のオカルト事件を集めた短編集.
 編著者の簡単なコメントを各編の最後に添付.
 事実だったどうかの歴史考証については重視しておらず,物語として面白いものを集めた模様.
 言わば『百物語』のようなもの.

 再婚のためにオラミュンデ伯爵夫人がしでかしたこととは?(p.15-20)
 同じ時刻,プチ・トリアノンの同じ場所で,それぞれ別々の者を目撃した2人組(p.32)
 「ロズマリー・ブラウンの音楽」について,ゴースト・ライターを探すべく,探偵まで雇った『タイム』誌(p.54)
 「ロズマリー・ブラウンの音楽」に酷似の先例(p.55)
 ゴダード卿遭難の予知夢(p.66-67)
 「ナポレオンの星」を予知夢に見るプロイセン王(p.105)
 ナポレオンの始まりと終わりに関するオリヴァリウスの予言(p.106-107)
 自分が迷信家であることを隠しもしなかったナポレオン(p.111-117)
 パリ大司教シブール暗殺の責任の一端はヴィクトル・ユゴーにある」論について(p.133)
「普通の人間を極端に残忍な行為に駆り立てる麻薬を作るには,2つの成分があればいい.1つは独断的なイデオロギー.もう一つは,そのイデオロギーを信奉しない人間に対する対する憎悪で,イデオロギー自体が,この憎悪を煽り立てます」(p.146)
 「ポートランド公爵家遺産請求株式会社」(p.193-200)
 カスパール・ハウザー=ゴーレム説(p.220)
 太陽王ルイと「14」という数字の因縁(p.247-248)
 カルメル修道会掠奪(p.273)
 炭焼党の陰謀事件(p.297)

 口笛裁判(p.260-267)は,本書の白眉.
 これぞ奇譚.
 口笛を吹いただけで,これほどの運命が待っているとは.

 フランスとその周辺での事件に内容が偏っており,日本人にとってはどうでもいい事件も扱われているが,まあ仕方なし.
 何でも鵜呑みにすることのない程度の知的水準の人なら.
【関心率17.88%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/31 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る