サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 百億の昼と千億の夜

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

百億の昼と千億の夜(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1973
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/439p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030006-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 光瀬 竜 (著)

百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫 JA)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.3

評価内訳

日本SFのある頂

2004/03/16 14:14

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:san - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は明らかに、日本SF界がたどり着いた一つの頂です。

特に超越者:施政者、登場人物:作者を含むインテリ層と読むと、
作者の属した世代の精神的な断面をかいま見える感じがします。

萩尾さんの漫画も漫画界の頂点として認められていますが、明らかに
この作品があったからこそです。
そういう意味でも、光瀬さんの作品の中でも際立った作品とも言える
と。

人物の出典は明らかに経文からのもので、仏陀・阿修羅王・バラモン
・須弥山の神々と日本人にとって、生活の中に溶け込んでいる多くの
仏教系の情報・人名をうまく使っています。
また、テーマ自体が日本人が人種的な特質として持っている諸業無常
観を背骨に、いくつもの実際の文明(インダスやシュメールなど)を
モチーフにした仮想的な文明が勃興し、滅ぼされていく様と無常感を
より鮮明に彫り進めていきます。

“滅びは必然”という本書の背骨的な旋律と登場人物としての超越者が
滅びの因子を人類に混入していくという作業は、作者の施政者への
悪意や絶望感を示し、それに刃向かう小さな反逆者としてとしての
登場人物が、安易な感情移入すら許されぬほど、峻烈に突き詰めた形
で書かれています。

ここまで書けばわかるかもしれませんが、パッピーエンドではなく、
0からの再出発なのか諦めなのか判然としない終わり方を取っており、
読者の取り方一つで物語の意味付けすら変わると思えます。

日本という国が年を経て変わっていく様のある1面を、全く別の形で
顕した名著の一つと考える一冊です。

是非、1度は手にとって、熟読されることをお奨めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すべて滅びゆく……

2001/11/03 04:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 西の『2001年宇宙の旅』、東の『百億の昼と千億の夜』、などという感じに捉えています。 SF仲間に云うと、首をひねる人もいますけどね。『2001年宇宙の旅』の方が、格がかなり下だそうです。

 ま、ともあれ、この作品が、日本SFが到達した頂点のひとつであることはまちがいないでしょう。およそSFを読むものはみんな読んでいて欲しい、そんな作品です。文句なしに星五つです。本当は十個くらいつけたい。

 この作品世界の、茫漠とした、なにもかもが失われゆく滅びの世界の引きつける力にはすさまじいものがあり、現実世界に戻ってくるのに難儀してしまうほどです。そして戻ってきてからも、見るもの聞くもの、すべてが以前と違って感じられるようになってしまう、そんな作品です。読み終わってから唖然として、二、三日ボーッとしてしまう、そういう作品なのです。

 若いSF読みに知られていない傾向があるようなので、デフォルト読み作品として、あれこれ考えずにとにかく読めと、強力にプッシュしておきたいと思います。

 萩尾望都によるコミック版もあります。光瀬作品の単なるコミック化にとどまらない、独自の作品としての主張が強い傑作です。小説版を読んだらぜひこちらもチェックしましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

傑作

2001/07/31 17:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花梨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ベストテンで必ず上位にランクされる、SFの名作中の名作です。プラトン、キリスト、仏陀らを主人公にした前半パートは、今見るとかなりギャグっぽいアイディアなのですが、無情感ただよう文体で、非常に格調高く進みます。遠未来を舞台にした後半では、さらに派手なアイディアが、説明もほどほどに連打され、あれよあれよというまに、ラストの一発落ちに驚かされることになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20世紀SF古典の中の古典

2001/06/17 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆたやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いわずと知れた…と書きたいところだが、最近はなかなか知っている人が少なくなってきた…20世紀の日本SFで古典といえば絶対にこの作品があがってくるそんな名作である。

 ま、マンガもある。萩尾望都だ。これも絶品だが、別の人が書評書いているだろうから割愛する。ただ。そうだなあ…もし小説が良くわからなかったら、マンガ版を読んでおくことをお勧めする。キャラクタの関係はよくわかるし、それは萩尾望都だから当然面白いので小説にもとっつきやすくなる。

 光瀬竜という人の作品は難解といわれるが、とっつきにくいというだけで実はわかりやすい作品だと思う。この百億…なんてその代表格だ。

 相手にしている設定はすさまじいまでに大きい。なんたって、宇宙の始まり以前からの<存在>の理由を求めて阿修羅王、仏陀、プラトン、ユダ、イエスキリスト、大天使ミカエル…といった、そりゃもうなんかすごいキャラクタたちがときに争いときに味方となり、宇宙を時空を何百億年のオーダーで旅するという設定なのだから。
 これに匹敵するスケールの大きさを求めて、世界中のSFを見渡してもなかなか存在しない。「幼年期の終わり」「タウ・ゼロ」といった由緒正しき宇宙SFにようやく見つけるだけだ。

 この作品は、私が出会った20年前に、既に<日本を代表する古典SF>という評価だったのだ。この凄み。去年出版された小説といっても通用する内容なのに…。

 何度復刊されたことか。表紙だって既に何世代を経たことか。おそらく、21世紀も読みつがれていく名作なのだろう。正統なカルト人気を誇る日本を代表する古典SFは、見つけたら買いだ。
 まあ、BK1の人は怒るかもしれないが、図書館で見つけたらすぐ借りよう。手垢で擦り切れた百億…ってのもなかなかのものだ。あ、言っておくが、古本屋で安いものを見つけるのは至難の技だ。神田でもなかなか入らないし、入ったら高い。図書館で見つけれなければ、無理を言ってでも、BK1で取り寄せよう(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 12:55

投稿元:ブクログ

日本SFの巨塔。高校生の頃、クラスで密かに(?)流行っていた。時空を遥かに超えた壮大すぎるスケールで存在の意味を問う哲学的SF。萩尾望都がマンガ化したけれど、とても原作の凄さは描けなかったと思う。タイトルで検索すると大抵そのマンガが出てくるから本物を探すときは注意。

2004/10/06 19:57

投稿元:ブクログ

私の人生感を彩ってくれた作品。私にしてはめずらしく、何度も読みかえしている。光瀬氏の最高傑作だと思う。

2006/11/23 03:48

投稿元:ブクログ

大傑作。初めて読み終えた十五歳の頃、圧倒的な物語に理解力が消し飛んでしまい、訳も分からず涙を流したのをよく覚えている。

2007/06/17 15:33

投稿元:ブクログ

タイトル借り。いざ読み始めると、ある章の空気が掴みかけてきたところで舞台が二転三転するので何度も挫けそうになったが一応読了。む。SFに苦手意識を持ってしまいそうだ。

2006/03/20 20:05

投稿元:ブクログ

これは墓場まで持っていく。肉体が無くなったあとの「外の世界」を見ることができたらこれを携えて旅立ちたい。

2006/03/25 21:02

投稿元:ブクログ

この本のおかげで、ちょっと変な嗜好に育っちゃったのかな?
中学生の頃、この小説をはじめて読んだときの衝撃(?)は今でも覚えています。

2006/06/21 15:54

投稿元:ブクログ

濃密な虚無感漂う、時間と空間の壮大なSF。一読で理解するのは無理かなあ。『宗教』の指し示す未来がどうして悲惨なのか、そもそも『神』とは何か。
読む度に呑み込まれます。

2006/07/28 13:44

投稿元:ブクログ

実験場という設定はこのあとから普及したように思います。
非常に多くの人に影響を与えた作品。
萩尾望都のマンガも原作を壊さない非常にいい出来でした。

2010/06/06 14:07

投稿元:ブクログ

圧巻される。読了後、当分現実に戻れなかった。
途方もない虚無感と絶望感、その中にある信念だけで保たれた欠片ほどの希望。

2006/10/22 21:47

投稿元:ブクログ

このお話が1960年代に紡がれたということに感嘆を隠し切れません。
一度でもこの話を読んだならば…世界観が…変わるはずです

2007/07/30 19:31

投稿元:ブクログ

最初はなかなか進まず,くじけそうになったが,3分の1あたりからグイグイ物語にのめりこんでしまった.ユダやイエスの扱いが面白い.漫画も読んでみたいと思う.

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む