サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本アパッチ族(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/368p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-130801-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

日本アパッチ族 (角川文庫)

著者 小松 左京 (著)

日本アパッチ族 (角川文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

日本アパッチ族

691 (税込)

日本アパッチ族

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

名前だけ知っていた日本SFの古典ともいえる作品。いかにもハードSF作家・小松らしいお話ですが、惜しむらくは笑いがない・・・

2006/11/07 20:43

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《上司にたてついたことで懲戒免職になった木田福一の回想。大阪に発生した不思議な鉄を食する日本アパッチ族と日本政府との戦いの結末》SF。
どうも、リバイバルとか復刊という文字を見ると、それだけで価値ある本だと思ってしまいます。性(さが)とでもいうんでしょうか。ましてそれが、あの小松左京の処女長編で、文庫のリバイバルコレクションとして装いも新たになったものだと知ったら、そのままには出来ないでしょう。私は名前だけは知っているものの、まだ読んでいないし・・・。
ただし私が読んだ角川文庫のコレクション版は、出版から数年しかたたないのに、カタログから姿を消したようです。折角リバイバルしたら、せめて五年以上は入手できるようにして欲しいというのが人情じゃないでしょうか。まして角川という名を背負っているんですから・・・。
話は、男の回想から始まります。上司にたてついたことで懲戒免職になった木田福一は、大阪市内に設けられた元砲兵工廠だった追放地に連行されます。その時、木田が自分の手錠に覚えた異様な食欲。追放地からの脱出に失敗し友を失った彼に救いの手を差し伸べたのは、赤銅色の肌の人間たちでした。彼等が木田に求めたものはただ一つ、燃え盛る炎で焼けたものを食べることだったのです。
日本各地で自然発生した不思議な食性を持つ人々の自治を巡り、旧権力と軍が一体となってアパッチ族に襲い掛かります。追放地の不毛を克明に描写する前段が実に効果的です。そこに巣食う野犬との戦いや、水も満足に無い荒涼とした風景を描くこと無しには、主人公たちへの感情移入はありえないでしょう。
ただし、ユーモアは殆ど感じません。大阪弁を別にすれば、新生ニッポンへ至るまでの苦悩の歴史を重厚に描く極めて真面目な政治小説といえるのではないでしょうか。ここには既に、あの話題作『日本沈没』に繋がる小松の小説作法が垣間見えているといえます。個人的には、心休まる部分があれば、もっと共感できただろうに、と思いますが、つい先日BS放送で老いて痩せてしまった巨匠の姿を見ると、これはデビュー作なんだから、いいか、って言いたくもなります。
これ以降は、角川文庫への注文です。念のために断っておきますが、角川版はリバイバルというものの、改版はしていません。奥付で文庫になったのが1971年とは分るものの、単行本初版が出た年などの基本データは無いし、あとがきも出版当時のままです。再び出してやったのだからといわんばかりの復刊は、一体誰の為のものでしょう。今の時代に甦らせる意味くらい、補うくらいの心はないのでしょうか。
再度の絶版状態、せめてもう一度世に出るときには、そこら辺、気をつけてやってください。それが文化を守る、っていうことでしょ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

廃墟志向の予言書

2017/03/15 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅんじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなにファンタジーな内容なのに、ものすごい現実感。しかも、出版後数十年経って、社会状況がそっくりになってきつつある。アパッチになれない我等はどうやって生き残っていけばいいのか。
 それにしても小松さんの中にある「破壊衝動」というか「廃墟志向」みたいなものは、時々正視しがたく感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/20 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/14 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/18 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/05 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/28 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/31 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る