サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 去りなんいざ狂人の国を

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

去りなんいざ狂人の国を(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/427p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-140726-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

去りなんいざ狂人の国を (角川文庫)

著者 西村 寿行 (著)

去りなんいざ狂人の国を (角川文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

去りなんいざ狂人の国を

691 (税込)

去りなんいざ狂人の国を

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

mou無垢でいられなくなる

2006/03/26 19:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 毒ガスによる無差別大量殺人という考えは古くから知られていたが、それを題材にした犯罪小説というのは少ないかもしれない。技術的には可能、しかし動機を想定できないのでは小説にはならないからだろう。1977年に書き始められた本作ではそれが提示されている。そういう犯人像というものを知りたくない人は、読まない方がいい本かもしれない。
 実際のところ、動機やそれを支える論理は添え物的な位置付けにあって、本書の読み所は、冷酷無比な犯人と警察の神経戦、そして攻防にある。推理=思考、捜査、交渉、追い詰める、逃げる、戦闘、といった展開の描写は、関門トンネルに始まり、規模をエスカレートさせ、一瞬で数千人の命を奪っていく事件の重さに応じて沈痛であり、現実から乖離した犯人の思考との対比により、社会の負うべき責任を暗示しているように思う。
 似たようなジェノサイト的事件としては、例えば昭和29年の洞爺丸転覆なども小説の題材にはされているが、本作中では赤軍派によるハイジャックなどのテロ事件から一段階だけ飛躍した延長に想定されている。こうしたテロ的な犯罪は現在では関心深い対象のはずと思うが、確かに1970年代ぐらいには、高度成長感覚であれ、破滅論であれ、世界全体が一つの方向に向かって進んでいくという幻想に、まだ日本は包まれていたかもしれない。その中で日本という社会そのものを否定するに到る人間の視線というものは、単なるキワモノ、まさに「狂人」としてしか捉えられないのはいた仕方ないし、この作者自身もそこはまだ半信半疑でありながら、それでも「起きうること」としか考えられないことに戸惑いながら書いている風が伺われる。
 残念ながらその20年後には、僕らはそれを緊急の課題として直面せざるを得なくなった。この作品を、インモラルな無軌道性の暴発という観点で見ることもできるし、実際にそう読まれて来たと思うが、そういった絶望を生み出す過程は構造的なものだということが分かってしまった今、僕の意識はイノセントであり続けることはできなくなった。いつもいつもそこに意識を向けてなくてはいられないことが日常性を破壊する不安なのだとしても、それは合理的で公正なコストなのだと見なす準備はできていると思う。
 まあ、この本を読んでそういう気持ちになるかは、微妙かもしれない。特に真ん中あたり100ページ分ぐらいある「潜入捜査」の描写は、読み飛ばしても可。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/12 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る