サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. マダム・エドワルダ バタイユ作品集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マダム・エドワルダ バタイユ作品集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:15cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-240001-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マダム・エドワルダ バタイユ作品集 (角川文庫クラシックス)

著者 G.バタイユ (著),生田 耕作 (訳)

マダム・エドワルダ バタイユ作品集 (角川文庫クラシックス)

555(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

マダム・エドワルダ
死者
眼球譚

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この破壊力

2015/04/04 15:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

「マダム・エドワルダ」ある自暴自棄気味の男が出会ったのは、淫蕩を極めたような娼婦。まるであらゆる既成の価値観を破壊するような、出会ってしまえばこの世のすべての常識を根源から根源から覆されるようなエロチズムを備えた女。そんな造型、この小説の存在が、読者の精神を破壊しようとするものとしか思えない。たぶん破壊される者は幸せなのだ。
「死者」恋人の死に自暴自棄になった男が、これもやみくもに破壊的なエロスを求める行動に走る。そうか、死はエロスと隣り合わせのものなのか、と思ってしまうが、それが本当なのかなにかのトリックなのかはよく分からない。そんな冷静な判断力も吹き飛ぶような、躍動感のある描写の連続に唸る。
「眼球譚」不相応な自由を手に入れた少女と少年が、暴走するとしたら。彼らは出会い、お互いの存在を確かめ、そこに性と死があることを知る。それらは必ず肉体に付いて廻るものであり、精神を支配するものでもある。エロスと暴力を極限まで追及していくと、倫理も常識も大きく逸脱したところに達してしまう。その加速度の素晴らしさに、何の疑問も感じずに引きずり込まれて、あまりに遠いところに連れて行かれてしまったことに気づいた時には遅い。様々な人を巻き込んだ挙句の逃亡劇に至って、ようやくその危険さに思い至るが、たぶん我々も引き返せないところまで来ているのだ。
眼球すなわち球形のものに激しい欲望を感じるのは、その姿形に人を狂気に誘い込む魅力があるという考えなのか、対象がなんであれ媒介の作用によってどこまでも残虐になれるということなのか、こういう題名であるからには後者なのだろうと思う。
実は作中の彼らに狂気の影は無い。理性的で、世知に長けた人間へと成長していく。だがそれにイマジネーションを刺激された読者は徐々に精神を蝕まれていくに違いない。それほど彼らの情熱は途方も無く、この地上から遠いところへ運ばれてしまう。
それは人間の心理に基づいて展開されるストーリーのようで、肉体の生理に支配される精神の物語であって、人間が必ず死とエロスの激しい影響から逃れられないという事実を突き付ける、文学と言うよりも爆弾ような存在に思える。
末尾のバタイユ講演会における討論が面白い。識者達のエロス論に対する一般女性の異議に誰も答えられない。その落差で一気に陶酔から突き落とされるのもおかしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/13 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/07 07:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/20 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/02 03:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/27 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/19 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/27 04:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/21 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/21 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/24 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/08 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/09 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/23 02:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/13 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る