サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

二十四の瞳 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 96件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:1965
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/230p
  • ISBN:4-10-110201-5
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

二十四の瞳 改版 (新潮文庫)

著者 壺井 栄 (著)

二十四の瞳 改版 (新潮文庫)

259(税込)

ポイント :2pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー96件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

石ころ1つにさえ昔の面影が残っているような懐かしさ。

2006/05/19 20:01

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TEMU - この投稿者のレビュー一覧を見る

瀬戸内海に面した小さな村に若い女の先生が
赴任するところから、物語は始まる。
郊外からの新参者のため、村の人たち、生徒たちから好奇の目に
さらされ戸惑うが、持ち前の明るさとマイペースな性格で、
次第に心を通わせ合う。

会話も終始、地方なまりで綴られ、
現代小説では味わえないあたたかさを感じた。

1年生から受け持った生徒も6年生になり、
その成長ぶりはまるで、天使のように小さな羽を背中につけて、
力いっぱい羽ばたいているようだ。
しかし無常にも生徒たちは、大きな歴史の流れの中に
置かれているとも考えず、ただ伸びるままに伸びていた。

無心に明日へ伸びようとする12人の子どもたちの懸命さと
その可憐なうしろ姿の行く末に待ちうける戦争。

先生と結果的に最後の別れとなるシーンで
生徒が言ったセリフは今でも印象に残る。

「せんせ、ながながお世話になりました。そんなら、ごぎげんよろしゅ。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマは見て怒ってしまったが

2008/01/23 00:25

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

食事中これのテレビドラマが流れた。
大石先生がひゅーんと自転車で走り抜けるシーンにふらりとした。だがドラマを見ている者がいるので消せない。
どんな格好・乗り物で外を出歩こうと勝手だがこの『軽く笑って蹴散らします』なオーラは何。
『住み慣れた景色が消えて行くのはなんとも心苦しいのです』と温和に伝えても真面目に検討してくれる人には見えなかった。
次に「そんな感情を抱くであろう人々」が「さも醜く無知で人ならぬ者のような」という顔つきだったので耐えられず居間から去った。
演出次第という可能性もある。原作はどうなっているのだろう。
…確認にそんな色々に目を通してみたところ、やはり「演出への不満」だった。
自転車のシーンはただ快適で愉快なものが通り抜けただけ。先生の「私見て見て」ではなく見た子供の内面を描く場面。
不快感を抱く人々は「何も知らない無様な人達」ではなく、きちんと双方の内面やら誤解やらが記されていて、人間扱いされていた。
原作がドラマと同じならば「自分の大事なものを壊し殺めた者どもとの和平を…どころではないただ同じ場所にいる者さえこんな扱いではそんなことは到底不可能長く残すほどのものではない」と言い張る所。
セリフや筋がそのままでも描き方次第で100点にも1点にもなる。
娯楽志向のものではない&立派な原作なのでもっと丁重に扱ってください、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/06 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/20 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/02 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/08 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/09 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/21 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/26 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/12 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/08 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/08 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/07 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/21 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/10 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る