サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スチュワーデスと女教師と少年と 三姉妹・魔悦の絆

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スチュワーデスと女教師と少年と 三姉妹・魔悦の絆(フランス書院文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: フランス書院
  • レーベル: フランス書院文庫
  • サイズ:15cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8296-0768-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

スチュワーデスと女教師と少年と 三姉妹・魔悦の絆 (フランス書院文庫)

著者 蒼村 狼 (著)

スチュワーデスと女教師と少年と 三姉妹・魔悦の絆 (フランス書院文庫)

525(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

甘い誘惑と辛い調教の両極端な姉弟相姦

2017/04/21 17:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

CAの長姉(25歳)と女教師の次姉(23歳)がそれぞれに弟との背徳の契りを結ぶ展開。姉妹の職業はあまり活かされていない。甘い誘惑を仕掛けて結ばれる次姉との前半と、それを目の当たりにして芽生えた嫉妬心や対抗心に自己中心的なS性を加えて次姉から奪い取る長姉との後半とでは毛色が随分と異なっており、最後は長姉が君臨し、奪い取られた次姉は成す術もない結末を迎えている。弟と共に読み手にも相応のM的耐性が強いられる作品と言える。

弟の自慰を目撃した次姉に芽生える感情は溺愛と言えるもの。自分に向けられた劣情に喜び、自分が弟の筆下ろしを担うと決意し、それは果たされる。長姉がフライトで家を空ける2日間を利用して、戯れに留める初日と交合にまで至る2日目とに分けたことで読み手も少々焦らされるニクい演出。しかし、長姉が帰宅した後もオンナを覚えた弟の発情は収まらず、次姉の寝室(長姉の隣部屋)へ向かってしまう。これが長姉に知られるきっかけとなる。

驚きを隠せない長姉に生じたのは禁忌への不許にも増して先を越された思いである。チェリーを喰うことに喜びを得る性癖がこれを後押しする。また、弟にムスコがあるために間違いが起こるのだと再三に渡って述べており、これには女性ならではの潔癖さが歪に表出した形でもあるのだが、自分よりも先んじて弟の「初めて」を奪った次姉と、そんな間違いを犯すムスコを携えた弟へのダブルのお仕置きという自己暗示に近い感覚によって次姉から弟を奪い、その弟にはムスコに輪ゴムを巻いたり、化粧をさせたうえで女装させたりといった責めを与えている。知らぬ間に勝手な行動をとる妹や弟を許せない長姉のプライドが見え隠れしているようでもあって興味深いものの、ヤッてることはかなりのものである。

ジャンル分けが進んだ今となっては前半と後半でそれぞれ別の作品が執筆されるところであり、こうした異なる性質が1冊に収められているのは良くも悪くも20世紀の作品らしいところか。

強い長姉に優しい次姉という違いがありながら、共に弟〈章吾〉を「章ちゃん」と呼ぶ辺りは、末っ子たる弟への愛情が官能的には表裏の正反対に発露した結果なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

後半が予想外

2002/07/05 10:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マキと希美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある日教師の美由樹は、自分の部屋で自分の下着の匂いを嗅ぎながら、弟の章吾が自慰行為をしているのを覗き見た。最初、腹立たしく思った美由樹だが、自分の下着で自慰行為をする章吾が愛しく哀れに思えて、本物のセックスを教えてあげたいと思う。後日、美由樹は章吾とセックスをするが、ちょうどその日、勤務から帰ってきたスチュワーデスの長女、梨奈が見てしまう。二人のセックスを見た長女梨奈は、様々な感情が巻き起こり、冷酷な牝豹へと変貌していった——。
 この作品を読む前、読んでる途中(美由樹と章吾が関係を持つところ)までは、この後は、妹弟セックスを見た梨奈も加わって三人での、ほのぼの相姦シーンが続くんだろうな、と思っていました。ですが、梨奈はサディスティックな女王様になって、弟と妹を支配するようになってしまいました。これは予想外の展開で、個人的には好みでは無かったです。ただ、セックスシーンは濃厚な描写で、その点はとても良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む