サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 若叔母と家庭教師

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

若叔母と家庭教師(フランス書院文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: フランス書院
  • レーベル: フランス書院文庫
  • サイズ:15cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8296-0777-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

若叔母と家庭教師 (フランス書院文庫)

著者 鬼頭 竜一 (著)

若叔母と家庭教師 (フランス書院文庫)

525(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

作者のエッセンスがコンパクトに凝縮

2015/07/26 23:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

全237頁に11章立ての構成で主人公の初合体は第八章、メインの叔母と交わるのが第九章というのは1997年に出た作品ならば致し方のないところか。それまではボディタッチからキスにお口奉仕といった前戯をじっくり描きつつ、禁忌の一線を越えぬよう逡巡する展開が続く作風である。

母が45歳ということで大学生かと思われる主人公。これに対して32歳ならば確かに若叔母であろう。しかし、この叔母には11歳になる息子がいて(夫は長期出張中)、主人公が家庭教師を引き受けていることを本線に叔母の代役で赴いた授業参観でサブヒロインの女教師と出会うといった流れをつくっており、官能的には息子の成績アップに応じて甥っ子たる主人公へ「ご褒美」があるという巧みな構図となっている。また、甘えん坊な息子を溺愛する母(叔母)という別の構図もあって、実は息子が全ての面で蝶番のように絡むことで周辺の大人達に繋がりができていく構成になっているのはさすがベテラン、というか御大の為せる技といったところでもあろう。最後の一線までは年上の優位で挑発めいた誘惑を見せる叔母である。

息子の言から女教師の存在と主人公との親密さを知ると嫉妬の念を焦がして一気に畳み掛ける(畳み掛けられる)のだが、ここからは緊縛プレイ(縛られるのは主人公だが)ありの放尿(見られるのは主人公だが後に自らも)ありの、最後にはお尻まで責められたりの、そのうえ息子にまで過剰なご奉仕をしてしまうなど、叔母が見せる一連の行動には鬼頭作品に見られる様々な要素がコンパクトながら一気に流れ込む印象である。

官能面で若干の物足りなさはありながら美貌の叔母が醸す妖艶な色気が補っており、思いのほか悪くない読後感ではあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む