サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

きかんぼ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 文研出版
  • サイズ:24cm/48p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-580-81216-6
  • 国内送料無料

紙の本

きかんぼ (文研の創作えどうわ)

著者 今村 葦子 (作),菊池 恭子 (絵)

赤んぼの頃からの幼なじみ、きかんぼ道子。翼は、いつもじゃんけんに負けて、ランドセルを四つも運んで歩いている道子のことが気がかりでした。まったくドジなやつ…。でも道子が運ん...

もっと見る

きかんぼ (文研の創作えどうわ)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「きかんぼ」が含まれるセット商品

文研の創作えどうわ・Bセット 10巻セット

文研の創作えどうわ・Bセット 10巻セット

  • 税込価格:12,960120pt
  • 発送可能日:7~21日

商品説明

赤んぼの頃からの幼なじみ、きかんぼ道子。翼は、いつもじゃんけんに負けて、ランドセルを四つも運んで歩いている道子のことが気がかりでした。まったくドジなやつ…。でも道子が運んでいたのは、本当は勇気だったのです。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

今村 葦子

略歴
〈今村〉1947年熊本県生まれ。「ふたつの家のちえ子」で坪田譲治文学賞などを受賞。著書に「あほうどり」「かがりちゃん」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本当のやさしさについて、考えさせてくれるお話

2005/08/14 22:03

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitch - この投稿者のレビュー一覧を見る

道子は、男の子たちから「ランドセルのおばけ」とよばれています。それは、いつも学校からの帰り道にランドセルを4つも持って歩いているからです。道子はいつも友だちからランドセルを持たされているのでした。幼なじみのツバサは、そんな道子にイライラしてしまいます。でもそれは、道子がいじめられているのではなく、弱い友だちを守るために道子が損な役目を買って出ているのでした。
本当のやさしさについて、考えさせてくれるお話。
利かん気の強い女の子が、どうどうといつも負け役を買って出ている。それをはたで見ている幼なじみのツバサくんは、道子のたったひとりの理解者でもあります。道子は、本当は勝てるはずのジャンケンなのに、必ず負けてみんなからランドセルをおしつけられる友だちをかばうために、自分が負けてあげる、というちょっと姉御肌なところがあります。
こういう女の子は、大勢の流れには乗らないから浮いてしまうところがあるかもしれませんが、本当の親友を得られる子だろうと思います。ちょっとくらい自分が犠牲になっても、最後まで信念を貫き通す道子のような女の子だったら、私もぜひ友達になりたいと思いますから。
小学2年の娘は、こうしたいじめの世界をまだ知らないようですが、道子のすじの通った言動には感心していたようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む