サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プログラミングPerl 改訂版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: オライリー・ジャパン
  • サイズ:24cm/759p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-900900-48-6
  • 国内送料無料

紙の本

プログラミングPerl 改訂版

著者 Larry Wall (ほか共著),近藤 嘉雪 (訳)

Perlのプログラミング作法から、言語の開発者が自ら「語る」プログラミング哲学まで盛り込んだ解説書。バージョンアップしたPerl5に対応した改訂版。【「TRC MARC」...

もっと見る

プログラミングPerl 改訂版

5,292(税込)

ポイント :49pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Perlのプログラミング作法から、言語の開発者が自ら「語る」プログラミング哲学まで盛り込んだ解説書。バージョンアップしたPerl5に対応した改訂版。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

Perlのバイブルとも言われている書籍,リファレンスを含めPerlのすべてを含むと言っても過言ではない

2000/07/22 06:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:新居 雅行 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 CGIプログラムを作る代表的な言語と言えばPerlである。そのPerlのバイブルと評価されているのが本書である。なぜバイブルか? それは,Perlの開発者であるLarry Wall氏が著者の一人としてクレジットされていることもあるのだが,それ以上に,Perlのことをほぼ網羅して書いてある書籍でもあるからだ。つまりはPerlの原典といってもいいような書籍である。表紙はラクダの図柄があしらわれてあり,「ラクダ本」という愛称がもっぱらPerlプログラマーの間で通じてしまう。先に結論を言えば,Perlを極めたい人は,必ず持っていなければならない書籍と言えるであろう。
 Perlプログラミングの基本から始まり,サブルーチンや特殊変数,パターン・マッチなどの話題は比較的早い段階で説明が終わっている。全部で800ページ近い書籍だけに,最初の部分とは言ってもそれなりのボリュームだ。もちろん,リファレンス的に記載されているから,調べるときにも使える。第3章ではすべての関数のリファレンスがあり,使用例と合わせて説明されている。最初にカテゴリー別の簡単なリストはあるもののアルファベット順になっているところはやや玄人向けリファレンス的色彩が強い。そして,Perlの機能として利用できるリファレンスや,オブジェクトの説明がある。他のプロセスとのやりとりに続いて,Perlの標準ライブラリのすべてのリファレンス,そして診断メッセージがすべてやはりABC順に記述されている。つまり,Perlのすべてがここにある。
 Perlの歴史などのエピソードも,Perlに対する興味をよりそそられる。最新版のPerl5に対する記載もきちんと掲載されている。そして,開発者自身が書籍にかかわっているだけに,プログラミングの哲学にまで話題は及んでいる。
 ただし,こうした書籍につきものであるが,初心者が学習するための書籍としての役割は担っていない。Perlにまったく不案内なら,本書を読みこなすのは大変だろう。初心者は,初めてPerlに触れることを意図した内容の書籍から入るべきだ。では,ある程度マスターしたときに本書はどうしても不可欠だろうか? これは難しい問題だ。
 Perlのバイブルという意味では必ず持っていたい書籍だと言える。しかしながら,ここに書かれている内容までを必要とするかどうかは必ずしもそうではない。また,Perl関連には類書が多くあり,すでに持っている書籍で一定レベルまでで十分にまかなえているのであれば,本書で新しいニーズが発生するとは思えない。
 しかし,それでもより深いレベルに突き進むのであれば,やはり本書はお薦めである。初心者向けに書かれたり,あるいは口当たりのいい書籍では,リファレンスやパッケージ,オブジェクトといった難しい話題はパスしていることが多く,せいぜい連想記憶で終わっているというものも目にする。しかしながら,本書は,Perlの隅々までていねいに解説した書籍である。また,開発者の意図を知ることができるというのも,本書の大きな特徴だ。Perlを極めるには必ず精読すべき書籍だとも言える。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/03 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/12 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む