サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 江戸解剖始記 小説・山脇東洋

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

江戸解剖始記 小説・山脇東洋
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: なのはな出版
  • サイズ:19cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89469-000-4
  • 国内送料無料

紙の本

江戸解剖始記 小説・山脇東洋

著者 林 太郎 (著)

お家断絶、切腹を覚悟した実験が今日の近代医療の礎となった。日本で初めて人体解剖を試みた江戸中期の医者ものがたり。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸解剖始記 小説・山脇東洋

1,646(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

当初の期待以上に、さまざまなことを教えてくれた名著

2004/10/04 14:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さいとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は、当初、本書について、さほど興味も期待も持っておりませんでした。山脇東洋という人物を存じませんでしたし、有名な杉田玄白などによる人体解剖の先駆者であり、その彼らが最も参考にした人物であるということで、はじめて興味を覚えました。そして、本書の内容も、彼の人体解剖の内容や、それに至る道程を述べたものくらいにしか想像しておりませんでした。

 ところが、それを読み進めるうちに、ますます夢中になってしまいました。それは、興味深い点が多かったためでも、恐らく著者の表現力に見事に陥ってしまったためでもなかったと思います。実にこの主人公・東洋がいたたまれませんでした。とても他人事として、片付けておけませんでした。

 確かに東洋は、すぐれた先覚であり、立派な功績を残しました。しかし、老子にも「禍か、福の倚る所。福か、禍の伏す所。孰かその極を知らん」とありますように、一概に幸福な人生であったと言い切れるかは難しいと感じました。

 幸か不幸か、まだ若く立派であった妻と、長男までをも突如失ってしまったことが、皮肉にも、その後の偉業に繋がる命運を強くしております。また時運も、その実現に有利に働いていきました。

 彼はこのとき相当な脱力感を覚え、自己の非力に大いに煩悶しました。もし、私が同じ立場であったならば、虚無感が進行し、その後どうなっていったか分かりません。しかし、彼は立ち直りつつ、かえってこれをバネにしていきます。とはいえ、身体は正直であったものとみえ、妾にも走り、後妻の選択には期待も熟考ぶりも見られませんでした。

 これらの上に立っての偉業の達成でありましたが、そのことと、亡くなった二人の生命やその当時の生活と比べるならば、迷わず後者を選んだのではないでしょうか。

 私も、東洋が果たしたような大きな功績には憧れます。これこそ男子の本懐と感じずにおられません。しかし、空気の有難さが高山に登ってはじめて自覚できるように、普段無自覚のものにこそ、尊い価値があるという点も、安易に見逃すことはできないと感じました。後生の医家やその恩恵を受ける患者は、この点にもより注意を払って、東洋の功績を敬うべきでありましょう。

 さらに、東洋を取り囲む師友に、とても羨ましさを感じました。彼の代表作となった著書も、そのたくさんの協力があって達成できたものでした。もちろん、彼の偉大な才徳が、良師良友の縁を生んだともいえます。しかしやはり、彼のすぐれた人格や才能も、その後の偉業も、素晴らしい師友のおかげといって過言ではないと思います。

 私はとくに、後藤艮山に、東洋同様うなる点を多々感じました。彼のように本当の意味での達人に近づくほど、滅多なことは言わないのでしょう。いや、言えなくなるのでしょう。ましてや、尊大な態度など構えられなくなるのでしょう。変なてらいや余計な飾りほど邪魔にもなるのでしょう。つまらない理知や理屈ほど嫌気がさしたことでしょう。自身の眼と身体を頼りにしていくしかないとも覚悟したことでしょう。それで人を教え導いていくことこそが、誠であるとも思ったことでしょう。ところがこれらは皆、言うに易く行うに至難ときております。貧民に対する彼の態度も、余程の人格と無欲恬淡ぶりがなければできません。心から頭が下がる思いをしつつ、そういう師を得た東洋を心底羨ましく感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む