サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オロロ畑でつかまえて
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-774316-0
  • 国内送料無料

紙の本

オロロ畑でつかまえて

著者 荻原 浩 (著)

【小説すばる新人賞(第10回)】過疎の山村・牛穴村の青年会と、倒産寸前の東京の広告代理店が組んでデッチ上げた「村おこしキャンペーン」とは? おかしくて、ちょっと哀しい人間...

もっと見る

オロロ畑でつかまえて

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小説すばる新人賞(第10回)】過疎の山村・牛穴村の青年会と、倒産寸前の東京の広告代理店が組んでデッチ上げた「村おこしキャンペーン」とは? おかしくて、ちょっと哀しい人間群像を軽妙なタッチで綴る。第10回小説すばる新人賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荻原 浩

略歴
〈荻原浩〉1956年埼玉県生まれ。成城大学卒業。広告製作会社勤務を経て、現在フリー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

痛快です。笑えました。

2011/12/08 08:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

「日本一の田舎」牛穴村の青年団が、町おこしのために奔走する物語。東京(都会)の洗練された広告代理店の「実情」と、村の素朴な「青年」たちの必死さと、その中で作り上げられる町おこしストーリーは...

かなり笑えます。「田舎者」と「都会人」のギャップで、というわけではなく、随所にユーモアがちりばめられています。飽きない。感動させる話と同じくらいに、笑わせる話、って難しいと思うのだけれど、スベることなく、テンポよく、タイミングよく、ハマってきます。

明日も知れないような弱小広告代理店の、社長、ディレクター、デザイナーは、それぞれ個性豊かな集団。そして村側はもっと個性的な集団。彼らのマッチしているようなしてないような微妙なバランスが絶妙に描かれ、そして町おこしプロジェクトが進んでいく。

その内容はけして「セオリー」ではなく、やや「グレー」な内容なのだが、そこに尽力する関係者の思いもあり、一旦の「成功」を生みます。実はその「成功」の内容はあまり詳細ではなく、そこに至るまでの「人間」が主に書かれていて、あくまでも主人公は村の代理店の「人間」であり、彼らの「心情」です。必死さ故にやや脱線気味になりますが、進んでしまったものは基に戻れない、というか。

「多分、このまま成功のままではいかないだろうな...」と思わせておいて、最後は...オチがある、というか、最後の最後は、「ToBeContinue」的なエンディング。最終的には誰が「勝ち」を得るのか、勝利の神様は存在するのか...余韻を持って終わる演出もニクイ感じ。

田舎の素朴さと対照的に、都会の汚さ、が誇張されていますが、物語を盛り上げる上では、このあたりの演出も「妙」です。とにかく楽しい。読んでいて楽しい。先が気になる、というよりは、読むこと自体の楽しさをもらえるエンターテイメント。

著者の本を読むのは初めてですが、「次」も読んでみたい。十分にそう思わせる時間でした。


【ことば】...名もないプロダクションが八社競合のプレゼンを勝ち抜くには、どんあ方法であれ、まず目立たなくては話にならない。

その業界に籍を置いていた著者ならではのプレゼン場面。「出来レース」的なコンペで、弱小プロダクションが取った策は...このディレクターは「できる」タイプなのだ。仕事はできて、人間的な面では...含みを持たせながら最後に暴かれたその正体は...ここがまた笑えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/09 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/21 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/25 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/09 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/05 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/22 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/29 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/14 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/16 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/06 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/16 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/01 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/28 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/03 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る