サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

街の座標
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/132p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-774317-9
  • 国内送料無料

紙の本

街の座標

著者 清水 博子 (著)

【すばる文学賞(第21回)】卒論に女性作家Iを選んだわたし。Iのすむ街での噂と小説と現実が交錯し…。下北沢をさすらう女子学生の軌跡。小説すばる文学賞受賞作。【「TRC M...

もっと見る

街の座標

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【すばる文学賞(第21回)】卒論に女性作家Iを選んだわたし。Iのすむ街での噂と小説と現実が交錯し…。下北沢をさすらう女子学生の軌跡。小説すばる文学賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

目白じゃなくて下北沢か

2001/02/10 01:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飯島玲子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分の読んだ小説の舞台が自分の住んでいる街だった。小説中の架空の設定だと思っていた店や場所は実際に存在し、しかも小説家は自分の家のすぐ近くに住んでいた。主人公はその小説家で卒論を書こうとしていたが、その事実を知り、とまどい、空虚な日々を過ごす…。

 ネット上で金井美恵子に関する文章を検索していたら「金井美恵子が殺される小説」だという、なんだか恐ろしげなこの「街の座標」を見つけた。

 登場する「小説家I」は金井美恵子がモデルである、ということを事前に知っていたので、私は読んでいてとてもドキドキした。私も金井美恵子の小説の舞台が自分の住んでいた街だったり、また自分の住んでいる街の近くだったということがあったからである。細かな施設名や地名で、「もしかしてここは…」と気づいたときの興奮は忘れられない。この「街の座標」の主人公は小説家Iの本を一冊読んだだけで卒論を書くことを決めてしまった。そう、その気持ちもわかった。私は金井美恵子を全て読み込んだコアなファンではない。しかし、最初に読んだ本で「絶対に好きだ」と感じた。金井美恵子が生まれた町を歩き、サイン本を見つけてはうっとりした。

 『街の座標』に書かれている主人公の小説家Iへの感情は現実と小説の中で揺れ動く。想像上の小説家Iと人づてに聞くリアルな小説家Iの落差、もしくは一致のために。まるで片思いの中学生みたいだ。主人公の感情の描写は感情移入しにくいけれど、金井美恵子へのねじれた愛のようなものは確かに感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/16 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/18 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/18 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る