サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 哲学者の食卓 栄養学的理性批判

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

哲学者の食卓 栄養学的理性批判
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 新評論
  • サイズ:20cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7948-0380-X
  • 国内送料無料

紙の本

哲学者の食卓 栄養学的理性批判

著者 ミシェル・オンフレイ (著),幸田 礼雅 (訳)

ルソーは「けち」を弁護したが、それは彼が乳製品ばかりの食事をとっていたことと無関係ではないのではないか。サルトル、カント、フーリエ…超一流の哲学者をまな板に載せ、「食」の...

もっと見る

哲学者の食卓 栄養学的理性批判

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ルソーは「けち」を弁護したが、それは彼が乳製品ばかりの食事をとっていたことと無関係ではないのではないか。サルトル、カント、フーリエ…超一流の哲学者をまな板に載せ、「食」の側面から彼らの思想を料理する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ミシェル・オンフレイ

略歴
〈オンフレイ〉1959年生まれ。カーン高等学校の哲学教授。「哲学者の食卓」でキャヴァリ賞、「自己の彫刻」でメディシス・ド・レッサ賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

表紙のエビはサルトルか?

2004/03/24 19:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ガブリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の美味しそうなオマールエビを見てサルトルを連想した方は正解です。サルトルは甲殻類が神経症を起こすほど大嫌いでした。
朝吹登水子の「サルトル、ボーヴォワールとの28日間—日本」を読んだときにサルトルの甲殻類嫌いを知りました。大阪を案内したときにカニ道楽の巨大なカンバンが目にはいったらどうしようと心配したそうです。日本の作家との歓迎会で料亭に行ったらカニの絵が正面に飾られていてどうか気がつきませんようにと祈ったとか…
この本は哲学者の食生活の本ではありません。ゴシップネタの本でもありません(ちょっと期待はしていましたが)。真面目な哲学の本です。少し変わってるのはそれぞれの哲学者の食によって彼らの思想を紹介しようと試みたところです。
初めにギリシャのディオゲネスが生のタコとやってきます。火による文明を否定し野生への回避を主張しました。
次はミルクを偏愛し、農夫の食事を理想としたルソーです。そして、食にも規律を求めながら実際には満たされなかったアルコール中毒のカント、美食を哲学しようとしたフーリエ(ブリア・サヴァランが義兄弟では…)。
人間の理想を問いつつ現実には満たされなかったニーチェはドイツの料理を否定し食の理想を問いつつ実際にはおふくろの味からぬけだせませんでした。イタリアのマリネッテイはパスタは人を愚かにすると言いました(米を食べると馬鹿になると似てる?)。現在への不満が新しい地平を夢見るのかもしれません。それがたとへ歴史の繰り返しであっても。
最後のサルトルとカニの確執は非常にわかりやすいかもしれません。サルトルに直に会った人は例外なしに、遠まわしにせよ、言わずにおられないらしい身体的欠陥による甲殻類忌避症らしいのですが、その印象をズバリ言ってしまったのは開高健です(中公文庫のエッセイで書いています)。偉大なる精神に必ずしも健全な肉体が伴うわけではないことは古今共通かもしれません。
しかし、食生活を通して各人の哲学を捉えなおすと哲学は実学であるというのが素直に納得できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む