サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夏のレプリカ(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 73件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182000-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

夏のレプリカ (講談社ノベルス S&Mシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

T大大学院生の前に現れた仮面の誘拐者と血のつながらない詩人の兄。誘拐が奇妙な結末を迎えた時、詩人は密室と覚しき部屋から消えた。前作「幻惑の死と使途」と表裏をなし進展する事...

もっと見る

夏のレプリカ (講談社ノベルス S&Mシリーズ)

842(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

T大大学院生の前に現れた仮面の誘拐者と血のつながらない詩人の兄。誘拐が奇妙な結末を迎えた時、詩人は密室と覚しき部屋から消えた。前作「幻惑の死と使途」と表裏をなし進展する事件に隠された過去とは。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 博嗣

略歴
〈森博嗣〉1957年愛知県生まれ。国立大学工学部助教授。著書に「笑わない数学者」「詩的私的ジャック」「封印再度」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー73件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

すべては曖昧に終わっていく

2001/05/29 12:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 森博嗣の文章は、数学的なのにどこかロマンティックな印象を残す。さらには人物描写がくどくど細かいわけではないのになぜか、透明感のあるきれいな人達を連想させる。文章中にわざわざ「きれいな人間」としての表現が入っている人だけではなくて、あれだけボロクソに(笑)言われている犀川先生だってとてもカッコイイのが不思議。
 「彼女」が人を殺した理由も「彼」が姿を消した理由も曖昧で…とてもキレイで切なくてどうしようもないやるせなさを覚える。最後に「やられた!」と思った。これが救いになっているのか逆なのか…泣かされます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

醒めた彼女がやけに魅力的で…

2001/05/30 05:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これまた完璧な作品。

 久しぶりに実家に帰ったら家族が誘拐されており、自分もまた彼らに誘拐され…というようなストーリーなのですが、主人公である彼女の醒めた人物像は非常に魅力的。昔の革マル派とダブる学生運動、彼女と兄との関係、といった小道具がうまく効いています。トリックの内容はさておき、小説として味わうことのできる一冊。京極夏彦風味でもあり、森博嗣の作家としての熟練と余裕が感じられます。

 偶数章のみで語られる物語ですが、こちらを読んでから『幻惑…』を読んだ方が趣き深いかも。もちろん交互に読むという手もありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/17 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/09 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/18 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/09 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/02 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/20 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/07 06:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/05 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/06 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/19 03:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/28 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/14 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む