サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天涯の花
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/443p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-774309-8
  • 国内送料無料

紙の本

天涯の花

著者 宮尾 登美子 (著)

養護施設で育った珠子は園長のすすめで四国の霊峰、剣山の中腹にある剣神社宮司夫妻の養女となった。剣山の四季を背景に無垢なたましいを持ち続ける少女の成長と恋を描く宮尾文学の新...

もっと見る

天涯の花

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

養護施設で育った珠子は園長のすすめで四国の霊峰、剣山の中腹にある剣神社宮司夫妻の養女となった。剣山の四季を背景に無垢なたましいを持ち続ける少女の成長と恋を描く宮尾文学の新境地。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮尾 登美子

略歴
〈宮尾登美子〉1926年高知市生まれ。高坂高等女学校卒業。62年「連」で女流新人賞、72年「櫂」で太宰治賞、77年「寒椿」で女流文学賞、79年「一絃の琴」で直木賞をそれぞれ受賞。他に「蔵」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

「おばさん向け」の印象が強い宮尾文学ですが、花好き・乙女の純潔に興味ある人に適。

2001/03/26 11:36

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本が発売されてすぐの頃、著者の宮尾登美子さんが朝のNHKニュースにゲスト出演した。ほんの僅かの時間のインタビューだったが、いつもながらに凛とした美しい立ち居振舞、穏やかな微笑に番組の空気が変わった気がした。

 その日、私が仕事で立ち寄った書店で、「宮尾登美子の『天涯の花』はありますか?」と店員さんに声をかけている女性を見かけた。50代か60代の地味な主婦風の人だった。
 残念ながら、その店には配本がなかったか配本が既に売れていたようで、その人はとても残念そうに帰っていった。店員さんの方も朝のニュースのことは知らないらしいし、宮尾登美子という名前にもピンときた感じではなかった。

 しかし、その日、このようにして何十人かそれ以上の女性が、この本を買う意志を持って日本じゅうの書店に足を運んだことと思う。その人たちはきっと、高度成長期によく働いた男の人たちを支え、下の子を背負いながら上の子をうまくあしらい、洗濯板でおしめの汚れをこすっていた。子どもに少しでも多くを食べさせるため、自分のおかずを皆に気づかれないようにそっと減らしていた。そんな女の人たちなのだと思う。
 家族が元気で楽しく過ごせることが自分の幸せと思い、路地の野草の開花や小鳥のさえずりに日々の喜びを見出してきた、賢明で健全な主婦である。宮尾文学の人気をそういう人たちが支えているという感じはよくわかる気がする。

 波瀾に富んだ人生の女性たちが、環境に翻弄されながらも強さを徐々に獲得して、自分なりの決意のもと幸せをつかんでいく…という流れが、宮尾文学の主流である。そんな女性の「一生」を追いかけた大作が多い。

 だが、この『天涯の花』では、施設で育てられた珠子が、施設を出て四国の霊峰・剣山の神社の宮司の老夫妻に養女としてもらわれた昭和35年から、義母を看取り、二人の男性の求愛に揺れた結果ひとつの選択をする昭和40年までの十代の後半だけが描かれている。
 人けのない山奥で、神に仕えながら老いた父母をいたわる少女は、剣山に咲く野の花を眺めることを唯一の楽しみとし、無垢でうぶ、けがれのない性質で、今の同年代の女性たちには、あまりにも非現実的な存在かもしれない。
 だが、自分の居場所を探し、誰と生きていくかに悩む姿には共通するものがあるのではないか。

 人気の松たか子ちゃんによって舞台化されたことであるし、これに限ってはヤング・アダルトの意識で多くの人、とりわけ若い女性に手にとってもらってもいいのではないかという気がする。

 従来の宮尾文学と異なる点は、清らかな山の自然、特に高山植物の美しさの描写が豊富なことである。
 中でも、剣山の特定の場所に8月のある時期にしか咲かないというキレンゲショウマという花は、二人の男性によって珠子の姿に似ているとたとえられた植物である。
 写真かと見まごう表紙の装画を眺めながら、人知れず咲く花のロマンチックな存在に思いを寄せて読み進めば、俗塵にまみれたまま忘れかけている清涼なものに胸が満たされていく。
 ぶ厚いけれど、とても読みやすい文体だと思う。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/13 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/12 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/18 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る