サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

眼球綺譚(ノン・ノベル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-20614-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

眼球綺譚 (ノン・ノベル)

著者 綾辻 行人 (著)

雨の夜、編集者の許に届いた一編の原稿「眼球奇譚」。無差別殺人の謎と主人公の甘美な記憶が交錯する作品がもたらす恐怖を描いた表題作ほか、狂気と幻想の世界に読者を誘うホラー・コ...

もっと見る

眼球綺譚 (ノン・ノベル)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

雨の夜、編集者の許に届いた一編の原稿「眼球奇譚」。無差別殺人の謎と主人公の甘美な記憶が交錯する作品がもたらす恐怖を描いた表題作ほか、狂気と幻想の世界に読者を誘うホラー・コレクション。再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

再生 7-36
呼子池の怪魚 37-60
特別料理 61-92

著者紹介

綾辻 行人

略歴
〈綾辻行人〉1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。京大推理小説研究会から「十角館の殺人」でデビュー。著書に「フリークス」「時計館の殺人」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

眼球綺譚

2001/09/22 23:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真   - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者初のホラー短編集。あとがきによると、「囁き」シリーズが「ホラーテイストのミステリー」なのに対してこれは「ミステリーテイストのホラー」ということらしい。確かにミステリ要素もあるにはあるが、それより純粋なホラーとして読んだほうが楽しめる。楳図かずおファンの著者だけあって、人によっては気持ち悪いと感じる場面もいくつかある。個人的には怖いというより幻想的だと思った。どちらにせよ好き嫌いの分かれる作品じゃないかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/05 03:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/29 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/04 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/12 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/11 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/08 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 04:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/12 05:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る