サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

記憶のつくり方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:22cm/121p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-3531-5
  • 国内送料無料

紙の本

記憶のつくり方

著者 長田 弘 (著)

【桑原武夫学芸賞(第1回)】闇、死、海の音、友だち、路地の奥、階段、橋、肩車、おにぎり、雨、数字…。忘れられない光景、思いがけない出来事にひそむ、生の一瞬の輝き。ひとの人...

もっと見る

記憶のつくり方

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

長田弘ワールド 4巻セット

  • 税込価格:8,10075pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【桑原武夫学芸賞(第1回)】闇、死、海の音、友だち、路地の奥、階段、橋、肩車、おにぎり、雨、数字…。忘れられない光景、思いがけない出来事にひそむ、生の一瞬の輝き。ひとの人生の秘密を、鮮やかに照らしだす三章二十四編の詩文集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長田 弘

略歴
〈長田弘〉1939年福島市生まれ。早稲田大学卒業。詩人。著書に「詩と時代」「見よ旅人よ」「私の二十世紀書店」「詩人であること」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

エッセイであり詩集である……希有な文章

2001/07/06 21:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々宝砂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この詩集は散文詩だけで構成されている。長田弘の旧作『深呼吸の必要』もそうだったけれど、限りなくエッセイに近い。冒頭の「むかし、遠いところに」という散文詩はやや異色で童話風の架空の物語を描いており、また「雨の歌」という作品は「雨」という文字を視覚的に配置してかなり詩的なものを感じさせるが、他の作品は、エッセイとして発表されたとしても全く違和感を感じさせないであろう、日常雑感的な散文である。

 本当のところ、私は、詩はかたちだと思っている。ひとつの詩が詩であるというその証拠は、そのフォルムにあると考えている。しかし、この本に収められているような作品を読むと、その考えがぐらり揺らぐのを感じる。表面的にはありきたりのエッセイのような顔をしている長田弘の散文は、どこかに濃厚な詩の匂いを漂わせている。その匂いはやはり言葉でできているのだけれど、匂いの源は言葉ではない。思想といったらおおげさな、詩的感覚といったら何か大切なものを掴みそこねるような、そんな曖昧なものが、詩の匂いの源にある。

 作者は、あとがきで「詩とされるなら、これは詩であり、エッセーとされるなら、これはエッセーである」と書いている。これが詩であるかそれともそうでないか、読むひとが決めなさい、私自身はジャンルやかたちなんかどうでもいいのです、とでも言いたげに。

 読んでいて心地よい文章であることは間違いない。詩はおろか文学などまるで読まない人が読んでそれなりに楽しめる文章であることもまた、間違いない。そのような詩は希有だ。考えてみたら、そういうエッセイだって希有なのだ。これが詩であるかそうでないかなど、確かにどうでもいいことのようである。

   詩と書評のサイト<百鬼の扉>

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/06 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/23 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/14 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る