サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. オフト革命 ワールドカップ日本出場の原点をつくった男

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オフト革命 ワールドカップ日本出場の原点をつくった男
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 祥伝社
  • サイズ:16cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-31091-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

オフト革命 ワールドカップ日本出場の原点をつくった男 (ノン・ポシェット)

著者 軍司 貞則 (著)

オフト革命 ワールドカップ日本出場の原点をつくった男 (ノン・ポシェット)

607(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

浦和レッズを初タイトルに導いた後で退任を表明した男の原点がここにある。

2003/11/08 00:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aguni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ハンス・オフト。あなたはこの男をご存知だろうか。トルシエなら知っているだろう。ジーコはもちろん。しかし、ラモス、カズ、北澤、柱谷らを率い、日本サッカーを初めてワールドカップの舞台に連れて行ったこの男の功績を、最近のサッカーファンはおそらく知らない。

 この本の副題は「勝つための人材と組織をどう作るか」とある。数あるスポーツの中でサッカーがとくにその戦略という切り口から面白がられているのは、45分/45分の試合の中で、監督やコーチの役割が、そして最初の布陣を敷き、各選手に指示を出すことと、後はただ、選手を交代させることぐらいしかないところにある。そしてまた、選手達もポジションはあるにはあるが、キーパー以外はほぼ自由にフィールド内を動けると言ってもよく、プレイヤーの自由度が高い。自由度は高いが、当然、あまりに自由にするとリスクも高まる。バランスやコントロールといったものが勝敗を分ける大きな要素になる。

 従ってサッカーの話は経営という観点から、組織論や人材開発の場面でよく例に出される。オフトのやり方は明確な理論の元に形成されており、ゆえに監督自身も選手達も自信を持って「プログラム」に賛同できる。うがった読み方かもしれないが、だからこそかえって、サッカーに「夢」や「希望」を求めるファンやオーナーからは不評なんだということがこの本を読んでよくわかった。言ってみれば、オフトのやり方は「地味」なのだ。

 オフトは元コーチングを初め、さまざまな理論を学び、それを実践して成功している。ちょうど先週、ナビスコカップで浦和レッズが優勝した。オフトが就任して2年目。浦和レッズにとっては初のタイトルだった。しかし、直後、オフトはクラブトップとの方針の違いを述べ、今期限りでの引退を表明する。今回の勝利が達成される前に既に、後任探しが始まっていたという。あまりに理論的に偏りがちなオフトのサッカーは、レッズのトップにとっては絵に描いた餅、現実離れしたものに見えたのだろう。オフトにしてみれば結果が出たこのときこそ、自らの正しさを証明する機会であり、辞任発表のタイミングとして最適、と判断したのだろう。

 この本を読むと、いかにオフトが理論に基づいて冷静に選手達を勝利に導いていったのか、その手腕がよくわかる。しかし日本という国では会社を含めどんな組織でも、理論では現場は動いても、上司の理解は得られないものだ。それよりも「人間性」とか「熱意」とかいったもので人を判断するようだ。日本研究を重ねてチーム作りには応用できたオフト監督も、まさかビジネスの場である会社組織に対しても同じように配慮しなければならないなど、思いもしなかったもかもしれない。そんなことをこの本を読んで考えた。

 うがった読み方をすれば、日本の組織運営の難しさについて考えさせられる一冊である。しかし、一般的な読み方をすれば、とりあえずオフトのファンになるに違いない。ありがとう、オフト監督!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サッカー・フットサル ランキング

サッカー・フットサルのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む