サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蔵 上(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/410p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-171803-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蔵 上 (角川文庫)

著者 宮尾 登美子 (著)

蔵 上 (角川文庫)

691(税込)

藏 (上)

670(税込)

藏 (上)

ポイント :6pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2002/05/29 03:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジョアンナ・ナビル - この投稿者のレビュー一覧を見る

雪深い新潟の酒造蔵元が舞台。
両親の愛と期待を一身に集めた女の子・烈。
不幸な失明という運命と闘いつつ、
ひたむきに、華麗に、愛と生きる勇気を
持ち続けた彼女の、至純の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おんなたちの群像

2002/03/24 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 NHKドラマの「蔵」を観て原作に興味がわき、初めて宮尾登美子氏の小説を読むこととなった。
 女流の大家(有吉、大原、津村、平岩、……)の小説は、男性不信的な内容というイメージがあった。本書も蔵元・田乃内家の当主・意造が、亡き妻の遺言をしりぞけて若い妻を娶るなど、「やはり……」と思わせた。しかし、意造が悪人ではないということは最初から分かっていた。芸者あがりの若い後妻・せきも、本来なら敵役でしかるべきなのに、どうしても憎めないどころか、哀れに感じてしまう。意造の母・むらも、せきのことは憎むものの、前妻の賀穂が立派な子どもを産むことが出来なくても、嫌味を言ったりはしない。
 悪い人間が一人も出てこず、それだけに不器用に物語が進む。彼らの中で、盲目の娘・烈の、名前の通りの気性の激しさが壮烈だ。烈の叔母で意造を密かに慕う佐穂の健気さも好い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/16 01:03

投稿元:ブクログ

烈が、全盲になると診断されたとき、烈ががっくりしたのが目に浮かんで泣いてしまった。それでも頑張る烈をみて、あぁ烈は強い子だ。と心の中で応援した。しかし、読んでいるうちに、烈はかなりのお嬢様で、少しわがまま過ぎるんじゃないかと感じる部分も多々あった。また、その父親もなにか自分勝手に物事を進めていき、子供になにかあると、妻にばかり責任を押し付け責めるのは、勝手すぎると批判してしまう部分もある。それとは対照的に、せきはかわいそうだ、さほは本当に人間ができている。と、主人公よりも、周りにいる人たちのほうに、地味ながらも、良い印象を受けた。

2006/10/14 15:34

投稿元:ブクログ

とてもつらい設定なのに,暗い中に一筋の光があるようなお話.おばさまと烈は母屋を離れて暮らしたほうがいい,といいだすところまで.[2006.10.11.]

2008/01/05 11:12

投稿元:ブクログ

新潟の旧家、蔵元の田乃内家に生まれようやく育った娘、烈。家族の愛と希望を一身にうけて成長していくが、小学校入学を前に、失明にいたる目の病を患っていることを知る。過酷な運命を背負う烈と祖母、父母、叔母たちが織りなす愛と悲しみの旅が始まった―。

2006/11/15 19:15

投稿元:ブクログ

もっと暗い話かと思ってました。でも主人公が本当に明るくて、強くて。会話を中心に物語が進んで行きます。新潟弁がとてもよい。

2010/04/22 10:15

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
新潟の旧家、蔵元の田乃内家に生まれようやく育った娘、烈。家族の愛と希望を一身にうけて成長していくが、小学校入学を前に、失明にいたる目の病を患っていることを知る。過酷な運命を背負う烈と祖母、父母、叔母たちが織りなす愛と悲しみの旅が始まった―。

2012/09/12 17:03

投稿元:ブクログ

新潟の旧家、蔵元の田乃内家に生まれた烈。烈は当主の意造と妻賀穂の間にやっと育った唯一の子であり、真綿で包むように大切に育てられた。しかし、小学校入学を目前に、烈が不幸にも目の病を患っており、やがては失明する運命であることが発覚した。
利発で敏感な心を持った烈は、自分の過酷な運命に激しい憎悪を抱きながらも、やがて田乃内家の将来をも見据えた生き方を強く歩んで行こうと決意する。
とにかく先が気になって気になって、久々にハイスピードで読んだ作品。しかも読み終わってしまったことさえ惜しい、そんな読後感。
初めは甘やかされて育った烈のワガママぶりに圧倒されたが、後半の烈の心の成長にはひたすら感動である。

2014/04/26 20:42

投稿元:ブクログ

とにかく繰り返し読む。そんな種類の本になっている。
特に好きなのは下巻ではあるが、やはり主人公烈の幼少期から読んでいくと下巻の読みごたえが違う。
初めはなじめない越後なまりのセリフもす・・・っと入ってくるように、蔵の香りまで感じるように、世界に引き込まれてしまった本。

2016/03/14 17:09

投稿元:ブクログ

映画は1995年に公開されたらしい(見てません)。亀田の豪農が酒造をはじめるところから物語はスタートし、その息子意造の代で起こる不幸の数々、非常に鬱屈していて暗い話だが、基本性格のいい美男美女ばっかり(嫌な人は不細工)なので悲劇なれど美しさで悲壮感が薄皮一枚で鈍く感じるような印象を受けます(私比)。会話文は新潟弁そのままで、意味が解りにくい単語は括弧で説明がはいります。語尾の「だ」が「ら」になるので「〜寄るは視力を失うてたったんらろう」となるのを読むと、、梅図まことちゃんを思い出してしまい、まことちゃん発音で考えてしまう自分が悲しい。ものすごく良いリズムの会話文なのでほんまに発音がわからないのが悔しく感じた。下へ進む

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む