サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蔵 下(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/395p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-171804-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蔵 下 (角川文庫)

著者 宮尾 登美子 (著)

蔵 下 (角川文庫)

691(税込)

藏 (下)

670 (税込)

藏 (下)

ポイント :6pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

強さ

2002/07/16 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アセローラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

烈は失明という障害にも負けず、あきらめかけていた働くこと、結婚することも実現させた。烈には少々のことではあきらめない強さがある。目が見える人間は当たり前のように毎日を暮らしているが、突然暗闇の中に放り出されたら烈のように生きていけるかどうかわからない。人間にとっての幸せを深く考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/14 15:38

投稿元:ブクログ

跡継ぎになるだろうと思っていた父が倒れ弟が死に,気力をなくした父を元気付けて酒蔵を再開する烈.目が見えないというハンデがありながら,その中でできる事を常に考え前向きで強い.恋にしても一筋,こうと決めたら動かない.涼太さんがいい人でよかったな・・・.ラストもよかった.おばさまが少し報われた気がします.作者追記でもやはりつらい出来事はたくさん書いてあるのですが,人生とはそういうものだとなんとなく勇気付けられる気がしました.[2006.10.12.]

2008/01/05 11:13

投稿元:ブクログ

美しい全盲のひとり娘烈。巡礼の途中で病死する母賀穂。相つぐ不幸を打ち消すがごとく若い嫁をもらう父意造。烈を育て上げ一途に意造を慕う叔母佐穂。蔵元田乃内家をおそう数々の悲運にもめげず、気丈に成長した烈はやがて恋を知り、女ながら蔵元を継ごうと決意する―。

2015/04/18 19:11

投稿元:ブクログ

やっと読めたよ…
昔むかーし見たドラマ版が強烈で、
いつか絶対読むと思って、はや幾年月。
うん、すごいよかった。
本当は誰も、何にも縛られてなどいない
のだ、ということを烈の姿を通して知る
ことができました。

2010/04/22 10:16

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
美しい全盲のひとり娘烈。巡礼の途中で病死する母賀穂。相つぐ不幸を打ち消すがごとく若い嫁をもらう父意造。烈を育て上げ一途に意造を慕う叔母佐穂。蔵元田乃内家をおそう数々の悲運にもめげず、気丈に成長した烈はやがて恋を知り、女ながら蔵元を継ごうと決意する―。

2012/10/03 06:08

投稿元:ブクログ

大正から昭和にかけて、新潟の大地主で蔵元を営む田乃内家で9人目でやっと無事に育った烈。
父意造、母賀穂、叔母佐穂、祖母のむらに見守られ成長するが、烈には失明という過酷な運命が待ち受けていた。
あまりにも多くの死や悲しみを乗り越えて、酒蔵を再生させる烈とその家族の物語。


この手の本では珍しく、この人が好き!というような登場人物はいない。
烈の幼い頃の我儘さや傲慢さにはびっくりするし、意造には男の嫌らしさや勝手さを見せられる。せきは言うまでもないし…。でも、不思議なことに最後にはみんな少し好きになっていた。
佐穂があまりにも可哀想に感じたけれど、こういう、所謂「飼い殺し」の女性たちが珍しくなかった時代。何よりも「いえ」が大切だった時代。
これは、そういう時代に生きてきた女性たちの物語でもある。

2016/02/03 10:16

投稿元:ブクログ

雪深く、凍てつき、もう何もかも絶えたと思われた大地から、力強く芽吹き大輪を咲かせる烈。それをとりまく意造、加穂、せき、どの登場人物も哀しく、それでいて芯がありどこか凛としている。肉厚な物語だがどんどん読めてしまうのは新聞連載ならではのテンポのよさか。予感のさせ方と主語の切り替え方が見事だと思う。

2016/09/08 13:06

投稿元:ブクログ

映画から入った作品。
宮尾氏の作品は映画から入るのが多い。多分戦前の日本のイメージが私に乏しいからだと思う。
女が不遇であるのはわかるのだけど、慎重で賢いと思わせる意造が思いの外身勝手であった。

2016/03/15 18:43

投稿元:ブクログ

ハイティーンになった烈が精神的成長をとげ、不幸がてんこ盛りだったのが一転、大団円超ハッピーエンドですっきりしますが、ちょっとラストがトップスピードで走り抜けた感がありまして、もうちょっとたっぷりゆっくり読みたかったような気もちがした。佐穂が北の対に住めなかった紫の上と重ねて読み進んでしまった。源氏というには全編とおしてちょっと色気がなさすぎるが。登場人物全員やたらと我慢が良いところが新潟らしく好ましい。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む