サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドラゴンズ・ウィル(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ドラゴンズ・ウィル (富士見ファンタジア文庫)

著者 榊 一郎 (著)

ドラゴンズ・ウィル (富士見ファンタジア文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

ドラゴンズ・ウィル

626 (税込)

ドラゴンズ・ウィル

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

ちくしょー!泣けたゼ。

2001/11/13 16:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:電気屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 榊一郎の処女作にして第9回ファンタジア長編小説大賞準入選受賞作。
 竜が出てきて、それを討つ勇者がいて、でもってそのための剣もあります。一方、戦車にロケット砲、飛行船も出てきます。そんな神話の時代が終焉を迎えようとする世界でのお話。
 主人公は勇者である兄に代わって破竜剣を手にした少女エチカと平和主義者の魔竜スピノザ。
 ニセモノの勇者と闘う気のないドラゴンじゃむろんケンカになんかなりゃしない。ソレでも一途なエチカは懲りずにスピノザの棲む洞窟を訪れます。
 ハッキリ言って泣かせです。ナニを隠そう、ワシは泣けました。だから、けっこーあざといお話ではあります。だで、そーいうのはトリハダ立っちゃう、という方には強くオススメしません。
 でも、クサくてもえーハナシはえーんじゃあという方。ゼヒこの物語を読んで見てください。けして単なる泣かせじゃないっスよ。これは運命とそれに屈しない意志をもつ者の物語なのです。
 そして、力なきはずの少女エチカの眩しいほどの意志の輝きと、ナニモノよりも猛き力を備えたスピノザの深い優しさとに触れてみてください。
 もし本書がお気に召したらスクラップド・プリンセス・シリーズもど〜ぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔竜の涙はたったひとつの地球の大地を潤すか

2005/03/20 18:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:綾丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ドラゴンと聞くと、RPG全盛期の嵐の中で小中高と育った僕は、ドラクエやFFに登場するたんなる敵役のイメージがある。夢中でやったな〜、しみじみ。それはともかく、この作品はそんな安易なドラゴンのイメージに対する強烈なアンチテーゼである。
 菜食主義で平和主義、性格も穏やかで、畑で野菜なんかを作っちゃったりする。そんな邪悪の対局に位置する性格の魔竜スピノザ(哲学者からとったのだろうか?)。竜を滅する竜破剣をかざして、スピノザ退治に挑んでは激しく空回りする少女エチカ。
 この作品がユニークなのは、あえて竜に人格を与えたことだろう。そのためにスピノザは自分自身が人ではなく、強大な力を持つ竜としてこの世に生を受けたことに激しく苦悩する。そんなスピノザにかつての自分が重なって見え、深く感情移入をし、そして涙した。まさに珠玉のファンタジーである。
 続編を強く望んでいる作品の一つ。榊さん、お願いします!続き書いて〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/05 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/08 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/19 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/03 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む