サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゼッフィレッリ自伝(創元ライブラリ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元ライブラリ
  • サイズ:15cm/637p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-07018-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ゼッフィレッリ自伝 (創元ライブラリ)

著者 フランコ・ゼッフィレッリ (著),木村 博江 (訳)

ゼッフィレッリ自伝 (創元ライブラリ)

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

カラスからジュリエットまで

2003/08/31 13:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k-kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画「永遠のマリア・カラス」がいま封切られている。カラスの生誕80周年を記念して製作された作品。監督はフランコ・ゼフィレッリ。カラスが亡くなる前の数カ月にスポットを当てて描いた物語、劇中の《カルメン》には、彼女の全盛期の録音が使われているとのこと。

ゼッフィレッリとは何者? 映画監督だけではない。本来はオペラ・プロデューサー、舞台監督とも。この本に登場する有名人も多方面に及ぶ。すでに鬼籍に入った人にしても、カラスはもちろん、伝説上の指揮者トスカニーニ、スカラ座時代のバーンスタイン、映画監督ヴィスコンティ、エリザベス・テーラーとかシャネルとか。それも一人一人が濃密なエピソードに彩られているのである。

スカラ座の《愛の妙薬》のリハーサルでは、イタリア・オペラで神聖な存在、アルトゥーロ・トスカニーニでさえ遠ざけてしまったのである。時間が切迫する中で、照明のリハーサルを中断されたゼッフェレッリは、トスカニーニの言葉を無視して、我慢できずに叫んでしまう。「彼は40年遅れてます。あの人は偉大な指揮者でしょうが、演出のことで指図されたくありませんね」

ゼッフィレッリの功績のひとつとして、それまで伝統の澱の中に沈んでいたシェイクスピアを、みずみずしい感覚で蘇演したことが忘れられないだろう。1960年——ローマ・オリンピックがあった——ゼッフェレッリはロンドンのオールド・ヴィック座の総支配人マイケル・ベントールから、「ロミオとジュリエット」の演出を依頼される。それまで、シェイクスピアはイタリア語でさえやったことがなかったのに。

ベントールが望んだのは、舞台にイタリアの感覚を与え、真に地中海的なものを粋に伝えることだった。噴水に光る太陽のきらめき、ワインにオリーブにガーリック。

シェイクスピア劇では、ヴィクトリア朝時代の考え方——台詞を正しく読みあげることが何にも増して重要だとする——が支配的だった。そのため主役を演ずるのは常に経験豊かな、つまり年かさの女優や男優で、「ロミオとジュリエット」ではほとんど滑稽であった。さらに重要なことは、シェイクスピアがジュリエット役に14歳の少女を使っていること。シェイクスピアにとって若さのほうが大切だったのだ。

ルネッサンス初期の、中世の色合いの濃い都市で起こった現実の物語に仕立てたのだ。バルコニーの場面にしても、靄のかかった夜明けの町の広場という場面に。抑えられない性急な若い恋が初めて真実味を持った。

初日の夜、観客は熱狂した。しかし、ロンドンの演劇批評家は、公演をこっぴどく酷評した。だが「オブザーバー」紙の記事は、他の批評家たちとは正反対だった。これこそイギリス演劇界が待ち望んでいたシェイクスピアの新しい解釈であり、啓示であり、革命と言っても良いと述べ、「卓越した舞台、輝かしい一夜」と激賞した。その批評が出たあと、オールド・ヴィック座にはヨーロッパのみならずアメリカからも客が押し掛けたのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/08 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

選書・ブックレット ランキング

選書・ブックレットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む