サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 童話館出版
  • サイズ:20cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-924938-90-4
絵本

紙の本

まほうのなべ

著者 ポール・ガルドン (再話・絵),晴海 耕平 (訳)

村はずれに住む女の子とお母さんはとてもびんぼうでした。森へ食べ物を探しに行った女の子は、いちご一粒見つけられなくて泣き出しました。するとマントを着たおばあさんが現れて、小...

もっと見る

まほうのなべ

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

村はずれに住む女の子とお母さんはとてもびんぼうでした。森へ食べ物を探しに行った女の子は、いちご一粒見つけられなくて泣き出しました。するとマントを着たおばあさんが現れて、小さな黒いまほうのなべをくれました…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ポール・ガルドン

略歴
〈ガルドン〉1914年ハンガリーに生まれ、14歳で渡米。57年「ねずみのアナトール」でカルデコット賞次点。「3びきのくま」「おとなしいめんどり」他作品多数。86年没。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

魔法の呪文

2019/11/10 20:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後、うちの子が開口一番「オートミール食べてみたい!」
オートミールを食べる村人たちの豊かな表情がなんとも微笑ましい。

魔法の呪文は予想通りの展開でしたが、必死の形相のお母さんにすっかり感情移入して読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オートミール

2018/12/02 15:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

あふれるオートミールがとても楽しい絵本です。
「おいしいおかゆ」と同じお話ですが、なじみのない「オートミール」に想像力を働かせられるのか、息子はこちらが大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供の頃に読みたかった!

2016/12/25 10:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議な魔法の鍋。呪文を唱えるとオートミールがあふれだし、停止の呪文を唱えると止む。

オートミールがまずイメージつかない私と娘。どんどん溢れかえるオートミールにパニくるお母様。やたらな呪文を叫びまくる姿に自分もそうなるだろうなあと共感してしまう。

路上に流れ出たすごい量のオートミールを食べるのはちょっとアレだよね…と、読後ちょっと潔癖気味の娘がぶつぶつつぶやき、そうだね、おなか痛くなりそーだねなどと言いい合いましたが、それとはともかくイラストがとても表情豊かで、内容もなんとなく根底に呑気さがただよっているようで素敵です。楽しい読書時間でした。

こんな大人になって読んでしまったので、溢れかえるオートミールにギョッとするばかりでしたが、自分が子供だったら、イラストの人々のように一緒になってスプーンですくって食べたいなと思ったかも。(娘とは違いそういうタイプだったので)物語は読む年齢によって受け取り方も様々でそこがまた魅力なのだなあと改めて思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/02 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/14 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/31 06:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/27 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。