サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

再生の朝(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-142515-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

再生の朝 (新潮文庫)

著者 乃南 アサ (著)

再生の朝 (新潮文庫)

473(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

再生の朝(新潮文庫)

529 (税込)

再生の朝(新潮文庫)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

再生

2001/05/20 00:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なお - この投稿者のレビュー一覧を見る

 十月七日午後五時三十分。萩行きの夜行高速バスが品川のバスターミナルを出発した。乗客乗務員は十二人。約十四時間で目的地到着の予定だったのだが……。
 深夜に乗務員が殺害され、バスは殺人者とともに、何処とも知れぬ闇の中に放り出される。台風接近で風雨も激しさを増し——。それぞれの人生を背負って乗り合わせた登場人物たちの多視点から恐怖の一夜を描く、異色のサスペンス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

互いに知らない同士を乗せて走る深夜バス。どんな人間が、小さな同じ箱に乗っているのか、どんな事情を抱えた人間が一緒にいるのか、知ることはない。そう、何事もなければ。

2002/04/23 00:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

出張のサラリーマン。
息子を実家に預けに行く母親。
娘夫婦の家から帰る老婦人。
金策に向かう事業主。
胸に抱える様々な思い。

偶々乗り合わせただけの、他人と他人。
車内の電気が消えて、目を閉じれば、そこにあるのは、
自分だけの世界。
そこに、それほどまで思い詰めた人間が乗り合わせていることなんて、
どうして窺い知ることができるでしょう。
ただ、そとの嵐が、その小さな旅の平穏ならざることを
予感させるだけだったのに。

美緒、可愛そうな美緒。
男に裏切られて、薬に溺れ、男の運転するバスに乗り込んだ美緒。
思い余って、男を手にかけてしまうなんて。
そして、それが、乗客全てを危険にさらしてしまうなんて。

嵐の闇の中、どこにいるかも分からない。
閉じ込められた狭い箱の中。
なんていう恐怖。
ぶつかり合う自我と自我。
噴出する様々な、身勝手な思い。
危機に瀕したとき、人は、はからずも本性を見せるのでしょう。

いつかは必ず来るはずの朝。
それが、これほどまでに遠く、はてしなく遠く思えるなんて。

でも、それでも、必ず、陽はまた昇るのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

舞台劇を見ているような…

2004/07/16 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高速道路を品川から荻まで夜行高速バスが走る。乗客のそれぞれの想いを乗せ走る。…そして、殺人。殺人者に脅された運転手は高速道を降り山道を走る。そして激突。台風の中、闇に取り残された乗客たちは…、と、いうわけでスリルとサスペンスで描かれる「再生の朝」です。まあ、殺人事件に謎は無いのですが、乗客の心理描写と台風の中の闇という状況がミステリアスなのでしょう。何か、芝居を見ている雰囲気が漂っています。確かに3幕くらいで(場合によっては1幕でも)仕上がりそうな舞台劇です。いかに登場人物に生命を与える事が大事なのだと再確認させてくれる小説とも言えますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/08 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/25 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/07 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/16 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/14 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/20 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/29 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/04 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/14 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/27 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る