サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

母、美しい老いと死
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-6340-8
  • 国内送料無料

紙の本

母、美しい老いと死

著者 アンヌ・フィリップ (著),吉田 花子 (訳)

母が倒れた。不自由な体で、ひとり暮らしの自由を守りぬいた気概。隣人たちとの節度ある暖かい関係。老いの孤独。そして今、自然な死を望む母の臨終の床で、娘は−。90歳で逝った母...

もっと見る

母、美しい老いと死

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母が倒れた。不自由な体で、ひとり暮らしの自由を守りぬいた気概。隣人たちとの節度ある暖かい関係。老いの孤独。そして今、自然な死を望む母の臨終の床で、娘は−。90歳で逝った母の最晩年を綴る、切実な記録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンヌ・フィリップ

略歴
〈フィリップ〉1917年ブリュッセル生まれ。夫であった俳優ジェラール・フィリップの生と死をめぐる手記「ためいきのとき」で脚光を浴びる。他に「丘の上の出会い」「五重奏」等。90年没。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

患者の個性にふさわしい死に至るまでの医療を選ぶ。抵抗ばかりしていた母の死を尊厳あるものにして送った娘の手記。俳優ジェラール・フィリップの未亡人。

2001/06/10 22:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者アンヌ・フイリップの名は本書で初めて知った。
 中国のフランス大使館に勤めていた夫とともに旅した経験をまとめた『シルクロード・キャラバン』、再婚して8年後に36歳の若さで亡くなった俳優ジェラール・フィリップとの生活や死について書いた『ためいきのとき』、それ以後発表した小説など作品はいろいろあるということだ。

 計算によれば42歳で夫を見送った彼女が、たぶん66歳ぐらいで母を見送った。どちらも「最愛の」と付けていいとは思うが、母娘の関係は必ずしも暖かなものばかりではなかったようだ。
 若い娘時代にはかなりの反抗があった様子、母が自分の家で死ぬことを決める前には、著者のパリのアパルトマンを嫌い更に老人ホームを嫌ったという経緯があり、自宅での付添いの家政婦も嫌ったということが包み隠さず書かれている。

 不自由な身体ゆえ、食べ物を腐らせつづけ、ボロボロになった寝衣を着つづけながらも、ひとりで暮らすことの満足を欲した母親のプライドに対する煙たさと敬愛の念がごちゃ混ぜになった複雑な著者の心情。それがひしひしと伝わってくる。

 孤独はさげすまれるものではなく、選びとってのち満たされるものもあるのだということに気づかされる。誇りある自立心が、いかにもフランス人気質だなと、フランスの女性らしいものだなと思わされる。
 フランス人の友だちがいるわけでも、親しく話したことがあるわけでもないけれど、映画や小説で知ったイメージ上のフランス女性のかっこよさが私には認められた。

 90歳という晩年の母親の生活ぶり、寝たきりになったベッドの上での様子が淡々と描かれていく。死に行く日と荼毘にふされた日のことまでも淡々と…。
 その中でも印象的なのは、著者が母に何度も語りかける「母さんは、自分の家の、自分の部屋の、自分のベッドに寝ているのよ」という言葉。
 そして、危篤を迎えんとする前に、医師が著者に相談する三つの方法。回復する見込みはなくても入院の上延命措置をとるか、のどの渇きや体の壊疽の苦しみは増していくがこのままにしておくか、辛い死を避けるために深く眠らせる措置をとるか。
 三つめの措置を選んだ著者に、医師はさらに問う。著者が自分で注射を打つか…と。それに対し、彼女は看護婦の派遣を乞う。

 日本では、病院が医療点数を稼いで売上を上げるのに最も効率の良い「フルコース」というのがあるのだと聞いたことがある。それを見直して、患者の立場に立った尊厳ある死の形を求める模索が医療現場ではされるようになってきているようではある。だが、厳しい病院経営を考えれば、患者の気持ち以上に優先されるべきものがまだまだ多いのが現状のようである。
 それは、患者の家族にとっても時には面倒いらずで助かる。他に選択肢のない唯一の示された道のようにも見える。 

 多様性や選択のある死を迎える道は、ゆっくりと切り拓かれているところだ。しかし、その道が拓かれると同時に、拓かれなくてはならないものがある。「美しい」老いと死を迎えるために必要なことは何か。そんなことを考えさせてくれる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/08 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る