サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夫婦茶碗
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-421501-5
  • 国内送料無料

紙の本

夫婦茶碗

著者 町田 康 (著)

金もなく職もなく潤いすらない無為の日々。無職無芸の男に人生の茶柱は立つのか。過激な堕落の美学で絶賛を浴びた「夫婦茶碗」、金とドラッグと女に翻弄される元パンクロッカーのワイ...

もっと見る

夫婦茶碗

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金もなく職もなく潤いすらない無為の日々。無職無芸の男に人生の茶柱は立つのか。過激な堕落の美学で絶賛を浴びた「夫婦茶碗」、金とドラッグと女に翻弄される元パンクロッカーのワイルド・ライフを描いた「人間の屑」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

夫婦茶碗 5-92
人間の屑 93-213

著者紹介

町田 康

略歴
〈町田康〉1962年大阪府生まれ。パンク歌手、小説家。高校時代より町田町蔵の名で音楽活動を開始。「爆裂都市」などの映画にも出演。著書に「へらへらぼっちゃん」「くっすん大黒」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

17年ほどお待ちしておりました。

2001/01/29 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:元パンク少女。今は堅気。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の紹介で、必ず「元パンクロッカー」って書かれてるでしょ。でも町田町蔵として、INUというバンドで歌っている姿を見ていた人はそれほどおおくないよね。
 20年近く前だもん。私は本当に大好きでした。LPジャケットの町蔵君の顔写真を毎日見て、その歌をヘッドフォンで大音量で聴いていれば、不思議とご飯なんて2日に1回でも全然平気なくらい。あの歌声の切なさ、破壊力がそのままこの文体になった。
 「夫婦茶碗」のほうも文章の隅々まで破滅的に笑えるおもしろさ。しかし、元パンク少女のおばちゃんとしては、この本の後半の「人間の屑」に打たれました。
 すごいよなあ。昔、恋いこがれていたパンクロッカーと、私も出会って、騙されて子ども産んでアナルインパクトと名付けられたクラブに通いたい。
 町蔵君も町田康さんも、よれよれで、無茶で、お気楽で、最高にかっこいい!!大好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダメっぷりもここまでくると爽快か

2001/05/30 04:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 町田康の文体は簡単に書けそうでいて、その実難しい。あのキレ味を作品中持続させられるのはやはり天才わざと言うしかない。この表題作も圧倒的な強度で、仕事が続かず夫婦仲も気まずくなっている男のどうしようもない顛末を語るのだが、妻と夫が下らない冗談でコミュニケーションをはかろうとする下りは、憐憫に満ちた愛を感じさせもする。
 「人間の屑」の方はちょっと破綻の仕方がパターンに忠実すぎて、あまり楽しめなかった。まあ人間の屑だからそれでいいのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小熊に苦悩する男

2001/08/23 00:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 楽に金儲けしたい。そして遊んで暮らしたい。著者の普遍のテーマだが、今回は金儲けのためにベストセラー童話作家をめざす男の悲劇だ。恥ずかしながら自分もなってみたいと思ったことがある。だが所詮、欲に駆られた人間にファンシー思考は無縁なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あんまり本は読まないのですが

2001/09/09 19:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nama5M - この投稿者のレビュー一覧を見る

 面白かったです。自分の文体や言語や世界観っつーのは、おしつけがましく往々にして角が立って、おうおうとなるわけですが、おうおう、読む前に書き手のキャラクターが受け入れられてるというか、つまり おもしろかったんですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

平易な狂気

2001/10/27 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H.N - この投稿者のレビュー一覧を見る

 狂気を描こうとする際最も簡単なのは異常な言葉を並べる事だろう。だがこの筆者は一つ一つは平易な言葉を用いながら全体を見ると明らかに狂気を含んだ文章に仕上がっている。この狂気が夫婦茶碗の面白さになっているのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たった1行

2002/01/13 14:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やすこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 悪態も、これだけ積もり積もればたいしたもんです。あの漱石の「吾輩は猫である」だって、要するに猫の悪態小説です。でもそれだけではなく、作品のイメージそのものをがらりと変えて決定づけさえするような、たった1行の言葉の魅力。町田康はやめられないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

崩壊する「リアル」

2002/04/19 20:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:植尾亜衣 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「夫婦茶碗」の主人公<わたし>は何をやっても上手くいかない。一日中、家で空想とも妄想ともつかない思考遊びに耽り、目下冷蔵庫の卵並べに執心している。ようやくありついた仕事もさっさと辞めてしまった。そんなある時、<わたし>は想像力を生かしてメルヘン小説で一山当てることを目論む—。

 しかし、愛する妻のため、守るべき家庭のために、なんとか金を稼ごうとする<わたし>の努力はどれも空回りに終わってしまう。独特の口語リズムで綴られる主人公の日常はどこかズレていて、微妙に間違った方向へと加速度的に突っ走って行く。それでいて、あくまで真摯な彼の生き様には、奇妙な可笑しみがつきまとう—。

 おそらく<わたし>が望んでいるのは「普通」の家庭だ。しかし、彼は自分の求める「普通」に確固たる形を与えることが出来ずに足掻いている。砂に呑まれるように崩壊していく「リアル」を繋ぎ止めるために、彼が起こした行動とは、日常の輪郭を描き出すことだった。ラストシーンの主人公の姿を、滑稽だと切り捨てられる者は、最早いないであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/30 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/13 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/05 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/18 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/17 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/19 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/09 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る