サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. デスマーチ なぜソフトウエア・プロジェクトは混乱するのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デスマーチ なぜソフトウエア・プロジェクトは混乱するのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.1
  • 出版社: トッパン
  • サイズ:21cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8101-8982-1
  • 国内送料無料

紙の本

デスマーチ なぜソフトウエア・プロジェクトは混乱するのか

著者 エドワード・ヨードン (著),松原 友夫 (訳),山浦 恒央 (訳)

デスマーチ・プロジェクトとは、多くの犠牲と損失、または高い確率で失敗が予測されるプロジェクトを言う。ソフトウエア開発に焦点を絞り、デスマーチ・プロジェクトについて、その実...

もっと見る

デスマーチ なぜソフトウエア・プロジェクトは混乱するのか

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

デスマーチ・プロジェクトとは、多くの犠牲と損失、または高い確率で失敗が予測されるプロジェクトを言う。ソフトウエア開発に焦点を絞り、デスマーチ・プロジェクトについて、その実態と対処方法を述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

全てのSEが持つ解決されない苦悩

2000/08/11 17:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊藤克 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書のサブタイトルは、”なぜソフトウエアプロジェクトは混乱するのか”である。この本の訳者によると、デス・マーチの語源はバターン半島での”死への行進”にあるという。つまり、最初から困難と解っているソフトウエアプロジェクトであるのにも関わらず、進行しなければならない状況が”デス・マーチ”であるのだという。

 ソフトウエア技術の急激な進歩、ハードウエアの二次曲線的向上、それらと相反す経済の低迷の中で、ソフトウエア開発の世界は、相変わらず人海戦術に頼っている。本書の中に出てくる様に、計画から開発に着手するまでにタイムラグが発生するだけで、輝いて見えたソフトウエアプロジェクトが、難攻不落のデス・マーチプロジェクトに変わるのである。

 私自身、同様の問題で難破しかけた事があるが、”死ぬような”と本人が思っている苦労も、エンドユーザーに理解される事は殆どない。あげくのはてに、携わった製品の納入先から、”持ち帰り自由”と言われた事さえある。友人から、”そのような精神状態でいると、やがて人格が破壊される”と脅された事もあった。事実、シリコンバレーではテクノ耽溺症(テクノ依存症)が問題になっているという話をどこかで聞いた。

 このデス・マーチという本に書かれている様な内容は、すでに世間で知られている問題であるが、ここまで系統だてて整理した人はいないのでは無いかと思う。しかし、本書の中においても、解決作の提示はない。それは解決しようとする事で、新たなデス・マーチを産みだしかねないからである。

 もし、本気で解決しようとする人がいるのなら、私は、カーネギーメロン大学が公開しているCMM(Capability Maturity Model for software(R))手法を勧めたい。この手のツール(手法)の目的は、管理する事ではなく、メンバーのスキル−UPにあると私は思っている。

 デス・マーチという本によって救われる事は、自分だけが地獄を見ているのではないという安らぎである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/18 13:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る