サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ブルー・ブラッド 虚無編上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブルー・ブラッド 虚無編上(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:1998.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/281p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-08-614422-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ブルー・ブラッド 虚無編上 (コバルト文庫)

著者 須賀 しのぶ (著)

ブルー・ブラッド 虚無編上 (コバルト文庫)

535(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

ブルー・ブラッド 虚無編(上)

486 (税込)

ブルー・ブラッド 虚無編(上)

ポイント :4pt / 紙の本より49おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

23世紀の火星で、ユージィンの孤独な頭脳戦が始まる

2001/11/08 11:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うつほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 絶対的な権力を手に入れるため、アフォルター家の婿としてアンゲリカとの婚約を発表したユージィンだったが、後ろ盾も、家柄も何もない彼への反発は少なくはなかった。見えないところでの嫌がらせは後を絶たない。だが、ブルー・ブラッドの総帥ハインツは、彼の庇護を一切行おうとはしない。ユージィンは表向きはアンゲリカの婚約者だが、まだ真に認められているわけではなかった。これくらいのことで潰れてしまうのならそれまでの男だということ。彼は何でもない風を装い、それらを無視し続ける。
 ルナ・マーセナリーズ。美しさと、洗練された物腰、喋り、社交術を駆使してブルー・ブラッドの後見を得て、上流社会で力をふるう女たち。彼女らと、ビュールマン家の綻びと、そしてヴィクトールとをそれぞれ絡めての巧妙な仕掛け。23世紀の火星で、ユージィンの孤独な頭脳戦が始まる。
 キル・ゾーンよりも、ブルー・ブラッドのシリーズの方が個人的には面白いと思ってる。この世界観の話の中で一番の嫌われ者らしいユージィン。でも、私はユージィンが大好きだったりする。目的を遂げるためなら、笑って人を瞞すことも厭わない。表面的には嫌な人間だと思われやすいんだろうが、順風満帆に生きてきたわけじゃない。いや、苦境の中をはい上がってきた人間だ。その苦境を回りにそれと覚らせないまま、いつのまにか高い地位にのし上がっているんだからそれもアリかな、と。
 目に見えた綺麗さなんていらない。汚くても何かを全てなげうっても自分のやりたいことをやり遂げればいい。そう言う生き方の方が好き。なんだか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する