サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

やられ女の言い分
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-353790-2
  • 国内送料無料

紙の本

やられ女の言い分

著者 内田 春菊 (著)

優しいふりして寄ってきて、最後にゃ言うこと聞かせちゃう男の陰謀を暴け! マンガに小説に歌に芝居に…。二人の幼児を抱えながら大活躍の著者の、ここ五年余のエネルギッシュな活動...

もっと見る

やられ女の言い分

1,543(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

優しいふりして寄ってきて、最後にゃ言うこと聞かせちゃう男の陰謀を暴け! マンガに小説に歌に芝居に…。二人の幼児を抱えながら大活躍の著者の、ここ五年余のエネルギッシュな活動を伝えるエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内田 春菊

略歴
〈内田春菊〉1959年長崎県生まれ。慶応大学文学部(通信制)中退。ジャズ歌手・漫画家。「シーラカンス・ブレイン」で漫画家デビュー。著書に「私の部屋に水がある理由」ほか多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

タイトルは過激だけれど

2001/07/11 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:May - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いろいろな出版物の「あとがき」を集めたエッセイ集。「やられ女の言い分」「発想の方法」「解説の名を借りて」「内田春菊の美術展めぐり」の4章から。
 センセーショナルな漫画・小説を書いてしばしば物議を醸す筆者ですが、読んでいくとなるほど納得。でもけっして奇を衒っているわけではなくて、むしろごく自然体に、あけすけに、またときには歯に衣着せぬ言い方で、自身が感じたことを書き散らしているだけ、という気もします。確かにこれでは敵も多かろう。しかし彼女独特の視点が面白いです。ときどき思いもよらなかったことをはっと気づかされます。目からウロコって感じ。他の著作も読んでみたいと思わせる本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コアなファン向け、かなあ。

2001/09/05 00:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:淳  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ひとことで言ってしまえば、コアな内田春菊ファン向けの一冊、である。

 内田作品になじみが無い読者が読んでも、あまり面白くないかもしれない。様々な作家の様々な作品のあとがきに寄せた文章や、様々な雑誌に書き散らした文章を寄せ集めて作った、よくない言い方をすれば、おやすい作りの一冊だ。

 よく言えば、裏ベスト版、というか、シングルB面コレクション、というか。ある意味で、彼女のホンネが満載の一冊ともいえ、ファンであればそれなりに楽しめるのではなかろうか。

 もちろん、私は楽しめましたよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る