サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. ビジュアル博物館 第67巻 スパイ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ビジュアル博物館 第67巻 スパイ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 同朋舎
  • サイズ:29cm/59p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8104-2466-9
  • 国内送料無料

紙の本

ビジュアル博物館 第67巻 スパイ

著者 リチャード・プラット (著),川成 洋 (訳),ジェフ・ダン (写真),スティーヴ・ゴートン (写真)

古代のスパイ商人から現代の産業スパイまで、冷戦終結によって明らかになったスパイの実像をカラー写真で解説。盗聴器や暗視装置などスパイ必須の器具も紹介する。007も登場。【「...

もっと見る

ビジュアル博物館 第67巻 スパイ

3,672(税込)

ポイント :34pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代のスパイ商人から現代の産業スパイまで、冷戦終結によって明らかになったスパイの実像をカラー写真で解説。盗聴器や暗視装置などスパイ必須の器具も紹介する。007も登場。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

予想に反して面白かった。やはり人間ドラマがあるものは面白いです。

2002/07/24 23:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pochittona - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ほんとに使えるのか?」というような、スパイグッズの展示会かと思いきや、もっと深い内容で、おもしろかったです。古今東西の実在の(歴史上だったり聖書上の人もいますが)スパイの物語が簡単にまとめられ、絵や写真が提供されています。捕まったスパイもたくさんいて、「この後処刑された」という開設があるとドキッとします。また「残酷な拷問に耐えた」女性スパイの写真もあります。小型カメラや、小型拳銃より、こういった人たちの話が興味をそそります。現代では、米ソの間の二重スパイや大物スパイ(防諜組織の長だったり、外交官だったり)もごろごろ出てきますし、産業スパイの話もあります。表紙にジェームス・ボンドを配置するから、「ちゃちいのでは」という先入観を持ってしまいました。しかし戦時国際法ではスパイは死刑にされて当然なわけで、第二次大戦中にフランスのレジスタンス運動に対するナチス・ドイツの「弾圧」はその意味で「妥当」なもので、妙にナチスを「悪玉」にしすぎているきらいがなきにしもあらずかな、と。そのナチスに対する、「偽情報漏えい」にストーリーも興味深かったです。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんとにいるんだね、スパイって

2002/07/30 19:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

イイトシした大人がまじめに尾行だの盗聴だのを
真剣に職業としてやっている。そんな連中が本当に
存在するんだと言うことが本書を読むと理解できる。
一体何が悲しくて命を危険に晒してまでこんな職業に
ついたのだろう。私には理解できない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/29 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/16 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る