サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. タイム・シップ 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

タイム・シップ 上(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011221-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

タイム・シップ 上 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 スティーヴン・バクスター (著),中原 尚哉 (訳)

【星雲賞海外長編部門(第30回)】【「TRC MARC」の商品解説】

タイム・シップ 上 (ハヤカワ文庫 SF)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ハードSF作家が書いた冒険SF

2001/05/05 04:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森山和道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ハードSF作家として知られるバクスターが、H・G・ウェルズの古典「タイムマシン」の続編として書いた小説。面白いわ、これ。バクスターが多分小さい頃に読んだであろう原風景的なSFシーンがそのまんま生の素材として随所に織り込まれながら、なおかつバクスターらしいテーマを追求し続けて生まれた小説、といったところ。バクスターの宇宙観、世界観といったものも<ジーリーシリーズ>よりも遙かに分かりやすい形──ある意味「生」のまんま──で、提出されている。

 バクスターはハードSF系の人だが、本作は一見、バロウズの冒険小説風の物語展開で、すらすらすいすいと読める。多分、誰でも読める。

 以前「SFマガジン」誌上で、柴野拓美氏がバクスターに「ジーリーシリーズは『レンズマン』だね」と言ったら、バクスターが「そういう風に読んでくれると嬉しい」と答えたというエピソードが披露されていた。僕はそれを読んで「あっ、そうか」と思ったのだが、この本を一読すれば、バクスターが元来、昔ながらのSFマインドを基底に持っている作家だと誰もが納得するのではなかろうか。昔ながらのSFマインドとは、SFの持つ冒険小説としての側面と思索小説としての側面、両者を大事にする心、といった意味だと考えて頂きたい。

 昔「タイムマシン」を読んだとき、ビルがだんだん上に伸びていったあと今度は横へ繋がりはじめた、という時間旅行の風景描写があった。そのシーンが妙に心に残っていたのだが、その辺も再現されていて思わずノスタルジアに浸ってしまった。

 要するに「買い」ということです。

初出:http://www.moriyama.com/SF.98.3.htm#sf.98.3.01

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中途半端

2002/02/08 15:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 結局いつものバクスター、と云う感じ。しかし、ウエルズ世界を枠組みとして用いたことで、バクスターらしさが損なわれており、なおかつ良くなったところがないと云う感じです。

 最近ではおなじみになった、過去への介入による時間線の分岐の話を徹底的に突き詰めたものなのですが、多様性を強調していると云うのに、それぞれの時間線自体は異様に均質。異星種属すら出てこない均質さ。なぜどれもこれも、人類全体で同じ方向を向く、なのか。分岐に分岐、また分岐と云うのをサイバーパンクで学ばなかったか。まあ、ストーリー上の都合のためなのかもしれませんが。

 さらに、話の核となる意志の力や目的が存在せず、どこかに向かうのかも分からないまま、ただストーリーが流れるだけ、ただウエルズ世界を経巡るだけ。流れも方向性も持たないカタログを見せられている感じです。

 ラストの、「帰ろう、故郷へ……」的な部分もいまひとつでした。ベアの『永劫』のラストと同じような感じでしたが、あの詩情は微塵も感じさせず、なぜ主人公があの世界へ戻って行ったのか、なぜ戻って行って、そこに留まることにしたのか、いまひとつ共感できません。

 いや、決して面白くないわけではないのです。しかし、本当はもっともっとすごい作品に出来たはずなのではと、どうしても考えてしまうのです。残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正当なる続編

2001/03/13 22:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:谷池真太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 解説にもあるとおり、数あるタイムマシンもののなかでも、H.G.ウェルズの『タイムマシン』の正当なる続編である。

 タイム・パラドックスに正面から挑んだ作品で、そういうSF的バックボーンに興味がない人には作品の意図は理解しづらいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/08 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/05 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/10 03:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/11 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/28 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る