サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. ジェイン・オースティン料理読本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ジェイン・オースティン料理読本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.2
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:26cm/166p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-6345-9
  • 国内送料無料

紙の本

ジェイン・オースティン料理読本

著者 マギー・ブラック (著),ディアドレ・ル・フェイ (著),中尾 真理 (訳)

英国小説史上最高の作家とされるジェイン・オースティン。200年前の彼女の食卓を訪ねてみませんか。家族の夕べの一皿からおもてなし料理、ピクニック料理など、同家の名料理人ロイ...

もっと見る

ジェイン・オースティン料理読本

3,078(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

英国小説史上最高の作家とされるジェイン・オースティン。200年前の彼女の食卓を訪ねてみませんか。家族の夕べの一皿からおもてなし料理、ピクニック料理など、同家の名料理人ロイド夫人のレシピから76品を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マギー・ブラック

略歴
〈ブラック〉食文化史・料理研究家。ヴィクトリア朝の食文化に造詣が深い。
〈ル・フェイ〉オースティン研究家。大英博物館「中世とその後の文物」部門をベースに研究を行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ジェイン・オースティンも食べた?

2001/03/02 10:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミオメロディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オースティン家の料理人であった女性のレシピとジェインの母の古くからの友人のレシピ集から、ジェインの作品や、彼女の書簡に出てくる料理を、現代風にアレンジしたものだそうで、このアレンジにはちょっと残念な気もするし、逆に作ってみることができるという利点もある。時代背景の説明などが最初と各所にあり、興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代の人にも楽しめるよう工夫された、クラシックなイギリス料理

2007/12/23 21:18

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジェイン・オースティンの親戚であり、家族同然に親しくしていたマーサ・ロイドの手書きメモを元に構成した料理読本。冒頭の約50ページにおいて時代背景や当時の社交に関する話、オースティンの作品世界との絡みを解説し、つづく約100ページが現代風(そして日本語の読み手向け)にアレンジされた料理レシピとなっている。

ノートは料理のみでなく家事(民間治療薬や化粧品、家政に関すること)についても書かれ、傷みが激しいので判読すらできなかったものもあるようだ。

この本では、ロイド夫人のもの以外にも、一家の友人であるリッブ・ポウイズ夫人によるものや、当時の書物からのレシピが含まれていて、各レシピの最後に書かれている記号で出典を判別できる。ロイド夫人のメモは特別なときの食べ物が記されていることが多く、日常的なものは省かれているため、イギリス料理の全体像を残すために著者らはそうした構成を選んだようだ。

さて、レシピであるが:

原著者のマギー・ブラック、ディアドレ・ル・フェイ、そして訳者である中尾真理の各氏は、最近の人も料理を作って楽しめるようにといった点に腐心している。まず原文のまま文章スタイルの料理法を載せたあとで、現在の分量や食材(たとえば現代人にもわかりやすい類似品)を、読みやすいレシピスタイルで紹介している。日本語にいたっては、日本人がわかりやすいメトリック法(グラムやccなど)でのみ記載されている。

この文章スタイルのレシピを見ていると、つづく現代風レシピ部分がいかに想像力を駆使したものか、頭が下がる。たとえばP.108のアップルパフ。当時のオーブンといえば暖房と調理器具兼用だったかもしれず、もちろん原文に温度などは書かれていない。"パイ生地に包んで、短時間で焼けるオーブンで焼きます"——これだけだ。著者らは現代の人がそれを再現できるよう、温度からサイズまで、きちんと整理してくれている。

ひとつだけ難をあげるなら、訳語で「上白糖」。これは日本にしかない砂糖なので、これを見るたびに訳者さんの存在が頭をよぎり、一気に現実にもどされた。レシピには「砂糖」とするだけでよかったように感じた。

それと関連して、大部分は上白糖だったものの、P.138などで「白砂糖」があったのだが、これは上白糖なのか違うのか、微妙に気になってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む