サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クローン羊ドリー
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: アスキー
  • サイズ:20cm/358p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7561-1759-7
  • 国内送料無料

紙の本

クローン羊ドリー (Ascii books)

著者 ジーナ・コラータ (著),中俣 真知子 (訳)

すべてはドリーから始まった。世界を揺るがしたクローン羊誕生をジャーナリスティックな視点から考察。研究の過程とそのなかで起こったスキャンダル、そして生命倫理に関する問題など...

もっと見る

クローン羊ドリー (Ascii books)

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

すべてはドリーから始まった。世界を揺るがしたクローン羊誕生をジャーナリスティックな視点から考察。研究の過程とそのなかで起こったスキャンダル、そして生命倫理に関する問題などを明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジーナ・コラータ

略歴
〈コラータ〉「ニューヨーク・タイムズ」に十年間勤め、数々の賞を受けてきたベテランのサイエンス記者。微生学と数学の学士号を持つ。著書に「胎児医療の限界にいどむ医師たち」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

クローン狂想曲をシニカルに描く

2001/01/28 12:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青木みや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 体細胞クローン羊ドリーは、1996年7月5日、スコットランドのロスリンにあるロスリン研究所で生まれた。成獣の羊の乳腺細胞を使って作られたクローン羊ドリーの報は世界中で驚愕を持って迎えられた。

 なぜなら分化の最終段階である体細胞を使ったクローンは不可能というそれまでの「常識」を破る快挙だったからだ。これはドリー以前に起こったクローンを巡るいくつかの騒動が、その「常識」を揺るぎないものにしていたせいでもある。

 本書はクローン狂想曲とでも呼べるようなクローン研究開発の歴史を中心に倫理的側面、科学者の研究に対する意識などにまで言及している。上手に盛り上げていく構成の仕方とかキレの良い文章が上手くてとても面白く読める。

 ドリーが誕生したときに、周囲の関心はヒトのクローニングに集まった。羊でも出来るのならヒトでも出来る=ヒトを生産する=人間の尊厳を侵す。人々は敏感にその考えに反応し、ヒトクローン(研究)は先進各国で次々に禁止された。 そのような拒否反応に一番驚いたのは、ドリーを誕生させた当の本人ウィルムット博士かもしれない。博士は治療薬を体内で生産する動物工場の研究に取り組んでいただけで、ヒトのクローニングには興味がなかったからだ。

 著者はそのような科学者の社会的反応への鈍感さと研究成果を上げることに汲々としている態度をシニカルに強調している。まるで、周囲の反応を考えすぎだと一笑に付されてはたまらないと言っているかのようだ。ニューヨークタイムズのコラム「誰にも止められないクローンの研究」(『DNAのらせんはなぜ絡まらないのか』収録)でもヒトクローンの実現可能性を追求する。

 まだクローンの成功率は低く、コストがかかる。そして無性生殖であるヒトクローンは、生殖における両性の存在意義、家族観への影響等まで考えられている。しかし現在は過渡期であって息を潜めてヒトクローンの誕生を待っているだけじゃないだろうか。技術が確立され、どこかで始まれば、世界一律の禁止など出来やしないのだ。

 そうなると否が応でも渦に飲み込まれる。誰もが自分の取るべき態度を考えておく必要はあると思う。

【初出】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

遺伝学・バイオテクノロジー ランキング

遺伝学・バイオテクノロジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む