サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

色っぽい人々 同色対談
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.2
  • 出版社: 淡交社
  • サイズ:22cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-473-01583-1
  • 国内送料無料

紙の本

色っぽい人々 同色対談

著者 松岡 正剛 (著)

一流のゲストを迎え、色をテーマに、ゲストの魅力、作品、仕事の全貌を引き出すユニークな対談集。山口小夜子、藤原新也、美輪明宏他20人が登場。日本ペイントPR誌『可視光』に掲...

もっと見る

色っぽい人々 同色対談

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一流のゲストを迎え、色をテーマに、ゲストの魅力、作品、仕事の全貌を引き出すユニークな対談集。山口小夜子、藤原新也、美輪明宏他20人が登場。日本ペイントPR誌『可視光』に掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

白と黒の告白 山口小夜子 対談 6-15
月の砂漠に青を見る 藤原新也 対談 16-25
赤い着物が着られない時代 辻村ジュサブロー 対談 26-35

著者紹介

松岡 正剛

略歴
〈松岡正剛〉1944年京都市生まれ。編集工学研究所所長、東京大学客員教授。エディトリアルディレクターとして活動している。著書に「ルナティックス」「知の編集工学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

色っぽい人と言われたい

2001/06/27 19:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 松岡正剛が、10年に渡って、日本ペイントのPR誌「可視光」に掲載するために行なった対談をまとめたもの。毎回「色」をテーマに様々な人が登場する。タイトルの通り「色っぽい人々」の目白押し。

 とりあえず、20名の「色っぽい人々」の名前を紹介させてもらおう。

○山口小夜子 ○藤原新也 ○辻村ジュサブロー ○ワダエミ
○今井俊満 ○樂吉左衞門 ○ツトム・ヤマシタ ○安藤忠雄
○柳町光男 ○奥村靫正 ○石岡瑛子 ○杉浦康平
○阿木燿子 ○安寿ミラ ○萩尾望都 ○島田雅彦
○中東吉次 ○中村吉右衛門 ○茂山千作 ○美輪明宏

 どうです?ざっと名前を見て何かイメージされるものがありますか? えっ? 色っぽいというより濃いぃ〜って感じですって!?
 はい、確かに薄くはないです。これだけ個性が強く、究め者揃いなので一章ごとにかなり独立した感じを受けます。だけど、「色」をテーマに対談がすすむので、読んでいても「ぶつ切り感」を持つことはありません。たとえて言うなら、ビデオに録画して貯めておいた「徹子の部屋」を続けて20本見るよりもスムーズに流れます。

 私がこの本を買った当初の目的は、安藤忠雄と茂山千作の大ファンだったからで、失礼な言い方をすればその他の人は、私にとってはオマケのようなものだった。しかしながら、このオマケ達は素晴らしかった。私の無知から「オマケ」呼ばわりしてしまって申しわけない気持ちになった。
 特に印象に残っているのは、陶芸家の樂吉左衞門さんとの対談。私は陶芸の知識はないし、興味もあまりないのだが、樂さんの次の言葉で陶芸の醍醐味を少し理解できたように思った。
 樂さんは、火について(ここでは、窯の火)語る。『ありがたいことに、火っていうのは個を消してくれる。たしかにつくっているときには自分の個の意識でぎりぎり刻みつけながら進むんだけど、やきものは最後のところでまったく変形する。火の洗礼を受けるんです。』
 楽焼茶碗の写真も何点かあり、私の好奇心の虫が活発に動き回った。

 松岡正剛は、この色とりどりの20人の究め者を前にして、決して「聞き手」になることはない。限定された分野ならいざ知らず、ファッション・写真・絵画・陶芸・音楽・古典芸能・演出・文学・料理・建築など多分野に渡る人を相手に、文字通りの「対談」をやってのけている。すごい人だ。

 「色っぽい人々」を知って、「私も歳を重ねるごとに色っぽくなるぞ!」と鼻息を荒くした。まずは、この好奇心の虫のウズウズをどうにかしてみよう、っと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する