サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀珠綺譚(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/294p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-08-614435-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

銀珠綺譚 (コバルト文庫 銀葉亭茶話)

著者 金 蓮花 (著)

銀珠綺譚 (コバルト文庫 銀葉亭茶話)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

転生物は好きではないのですが、本シリーズは特別

2006/04/14 20:51

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 金蓮花は現在、コバルト文庫で無国籍風ファンタジーを多数書いていますが、原点はやっぱり、この「銀葉亭茶話」シリーズでしょう。仙境にある茶店・銀葉亭の主は、半人半仙の李月流。月流の茶店には仙界人界を問わず、多くの客人が訪れ、己の身の上を語っていくという形式のファンタジーです。舞台が朝鮮半島のため、風習など馴染みがなく、とっつきにくいと感じるかもしれませんが、美しい自然や、人々の情感が、しっとり描かれていて、魅了されます。
 さて、ヒロインの珠娜は、本作で銀葉亭シリーズ三回目の登場です。「蝶々姫綺譚」では、哀しい恋で命を落とし風精として転生した明蘭、「錦繍打鈴」では明蘭が人界に還って百年後を生き命を落とした楓蘭、そして「銀珠綺譚」では三度の転生をした銀珠の巫女、珠娜。健気な少女なのに、どうも薄幸で、「銀珠綺譚」でも、友の一人もなく辛く淋しい日々を送っています。巫女として大きな力を持つゆえ、親に売られ、周囲に心を閉ざして、ひたすらに耐え忍ぶような人生です。
 そんな珠娜を見守る存在があります。月流をはじめとし、珠娜が明蘭だった頃からの友である善華や、過去世で恋人であった楓の樹精、楓英。彼らは、珠娜を心にかけながらも、人界で新たな人生を歩む彼女に干渉してはならないと、遠くから歯がゆく見守るばかりでした。ところがある日、珠娜が、「虎に食われる」運命に見舞われていることがわかり、善華と楓英は珠娜を救うため、あえて不干渉のルールを破り、人界に赴きます。
 二人だけで、というところがポイントです。楓英は樹精なので本性は穏やかで、戦いには向きません。善華は強大な仙力を持っているものの、人界に赴くにあたって小鳥に姿を変え、力を封印された状態です。敵は、虎の精と配下の鬼、変えられないとされる運命、そして何よりも、静かな諦めと共に運命を受け入れようとする珠娜自身です。
 楓英と善華は、珠娜を救うことができるのか? 頑なだった珠娜の心が開かれる時は来るのか? 人は運命に立ち向かい、自らの人生を選び取ることができるのか?

 本シリーズ、現在のところ入手できるのは最新刊「伽椰琴打鈴」のみ? その最新刊も、奥付を見ると2002年刊となっており、以来ぱったりとシリーズが出ていません。李月流の過去や、善華の新しい恋など、気になる伏線は山のように残っているのに……打ち切りですか?
 金蓮花も、「銀葉亭茶話」は自分にとって愛着のある作品で、年に1冊は出したいと語っているのに、やはり現在出している無国籍風ファンタジーの方が売れるので、編集部的にそちらが優先ということなのでしょうか。そうであるなら、とても残念です。私はこのシリーズで、いつか朝鮮半島に行って、金剛山や白頭山に登ってみたいと思ったのですから。
 金蓮花だからこそ描ける「銀葉亭」の世界が、帰って来る日を楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む