サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天の瞳 幼年編1
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.2
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873096-7
  • 国内送料無料

紙の本

天の瞳 幼年編1

著者 灰谷 健次郎 (著)

幼年組なのに年上の子を泣かせたり、保母さんをてこずらせている倫太郎。悪ガキのようでいて、鋭い感受性とさりげない優しさを持つ倫太郎の成長を描く。新潮社刊の再刊。少年編1は本...

もっと見る

天の瞳 幼年編1

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幼年組なのに年上の子を泣かせたり、保母さんをてこずらせている倫太郎。悪ガキのようでいて、鋭い感受性とさりげない優しさを持つ倫太郎の成長を描く。新潮社刊の再刊。少年編1は本号(1067号)ベルとして掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

灰谷 健次郎

略歴
〈灰谷健次郎〉1934年神戸市生まれ。小学校教師を経て作家に。「路傍の石」文学賞受賞。著書に「兎の眼」「教えることと学ぶこと」「せんせいけらいになれ」「砂場の少年」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

心に残る

2004/02/22 12:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まこっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読書など無縁だった私でしたが、嫁さんの薦めでこの本を読んだ。
それ以来、読書好き?のきっかけになった本である。

主人公、倫太郎の生き様を描いたストーリー。
やんちゃな倫太郎は説明でもあるように悪ガキでいて鋭い感受性と優しさを持つ。

ストーリーは保育園から始まる。そんな倫太郎に困った保母さんたちが四苦八苦しながら倫太郎の気持ちを分かろうとする。
「子どもに添う」という指導方針がよかった。

次は小学校1年生に進学する。やまんばこと、山原先生はベテランの女教師。叱ってばかりいたやまんばだったが次第に気持ちが変わっていく。
「研究大会での公開授業」の一幕がやまんばの気持ちを揺さぶる。

2年生では新任教師の千鶴先生やフランケンとの出会い。

忘れてならないのが倫太郎のじいちゃん直次郎の存在である。
じいちゃんの言葉はひとつひとつ心を打たれる。
「仕事4+5=10」にするには
「4+5+1=10」+1の遊びが必要といっている」
4+5=9だったらしごくだそうだ。
まだまだじいちゃんの言葉はあるのでぜひ読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供にそう

2003/10/06 16:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:より - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の中で一番好きな言葉
「子供にそう」
なんて柔らかな言葉なのだろうと思いました。
大人の勝手で動かしがちな子供という存在。
そこを曲げない倫太郎にはっとさせられました。

正直、大人にとっての都合の良い子を育てたがっている自分に立ち止まってしまいました。

自分を通すだけならわがままととらわれがちなのですが、そこから先に広がるものを持ち、立ち向かえる強さを持つ倫太郎は大人の私でも憧れてしまう存在となりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あたたかな心

2002/06/03 01:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:柿右衛門 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いかにも灰谷ワールドな作品。
主人公の倫太郎は悪がきで、いつも大人を困らせている。
けど、倫太郎の行動はむちゃくちゃでも、きちんと筋が通っている。
なんだか私たちが小さい頃にいたガキ大将を思い出す。
そして私たち大人が忘れてしまった大切な何かを思い出させてくれるはず。

倫太郎は実在の人物がモデルになっている。
一度新聞で拝見したことがあるが、素敵な青年だった。
倫太郎みたいな人が本当にいるって事がなんだかとてもうれしくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/30 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/01 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/09 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/26 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/04 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/22 05:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/12 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/04 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/11 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む