サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

植物の私生活
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.4
  • 出版社: 山と渓谷社
  • サイズ:26cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-635-58802-5
  • 国内送料無料

紙の本

植物の私生活

著者 デービッド・アッテンボロー (著),手塚 勲 (訳),小堀 民惠 (訳)

植物たちは種まかれた場所で穏やかに一生を終えると人間は思っている。が、さにあらず。獰猛な植物、盗みの達人、殺し屋、雄バチを誘惑するラン、他の生物との共生。秘密と謎に満ちた...

もっと見る

植物の私生活

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「植物の私生活」が含まれるセット商品

アッテンボローシリーズ 2巻セット

アッテンボローシリーズ 2巻セット

  • デービッド・アッテンボロー 著
  • 税込価格:6,91264pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

植物たちは種まかれた場所で穏やかに一生を終えると人間は思っている。が、さにあらず。獰猛な植物、盗みの達人、殺し屋、雄バチを誘惑するラン、他の生物との共生。秘密と謎に満ちた植物たちの驚異のドラマを緻密に再現する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

デービッド・アッテンボロー

略歴
〈アッテンボロー〉イギリスの作家・映像作家。自然保護および博物学の分野で世界的に有名。著書に「生きものたちの地球」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界の植物の驚異に満ちた生活が、美しい写真と共に紹介されている

2000/12/20 15:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サニー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者アッテンボローは、イギリスBBCの自然番組のプロデューサーとして名高い。この本は、その人気テレビシリーズのブック版である。
 世界各地の植物を取材し、植物の驚異に満ちた生活が、美しい写真と共に紹介されている。日本では見られない、考えられないような植物の生活を知ることができる。野鳥との関係にもページがさかれており、野鳥愛好家にも参考になる本である。
 ガーデニングブームで、植物愛好家が増えているが、一歩進んで、植物の秘密と謎に満ちた生活に関心を持つのに、絶好の書である。
 なおこの本は「植物の滅亡は必ず人類を滅亡へと導く」という文章で結ばれている。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/20 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る