サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

有閑階級の理論(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/460p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08416-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

有閑階級の理論 (ちくま学芸文庫)

著者 ソースティン・ヴェブレン (著),高 哲男 (訳)

有閑階級の理論 (ちくま学芸文庫)

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

書評:『有閑階級の理論』

2003/06/27 01:34

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuho - この投稿者のレビュー一覧を見る

   有閑階級とは、いわゆる上流階級のことをいう。ウ゛ェブレン曰く、それが最も発展していたのは「封建時代のヨーロッパや封建時代の日本」だ。こうした階級は、産業に直接従事する必要がないため、主な仕事は「統治、戦闘、宗教的職務およびスポーツ」である。つまり、彼らは〈名誉〉とう価値観にもとづいて行動し、日常生活を送っているのだ。ここでは、〈浪費〉こそ、彼らの自尊心を満たす最も効果的な方法になる。この〈浪費〉原理にもとづいて、彼らはおよそ「合理的経済人」とは似ても似つかない経済行動に走るのである。衣服や教養、パーティーを利用して〈名誉〉を争うのである。ウ゛ェブレンのいう「顕示的消費」とは、〈見せびらかし〉の衝動に駆られた人々の行動だ。
 こうした「有閑階級」にたいして、実質的なモノやサービスを生み出している産業に従事している人々は逆に〈浪費〉を嫌い、実質的な有用性を好む精神の持ち主である。この精神がウ゛ェブレンのいう「製作者本能」である。 
 この本は100年以上前に書かれた本であることにまず驚く。その洞察の鋭さは、およそまったく古さを感じさせないだろう。現在でも使えるアイデアの宝庫である。
 たとえば、「代行的閑暇」というウ゛ェブレンの概念などはフェミニズムの理論に転用できそうである。これは、有閑階級の当事者に代わって〈浪費〉をさせられる階級、たとえば使用人や妻の〈浪費〉のことを指している。一見女性が華やかな装いをしようとも、実際は有閑階級の当事者である男性の〈名誉〉のために強制されているにすぎない。これを現在にあてはめてみれば、どうだろう。たとえば、女性の〈ハイヒール〉は動きづらいし、産業的にはまったく機能性をもたない。こうして男性が〈機能〉を独占し、女性の〈華やかさ〉は支配的な男性のための「代行的閑暇」である、ということもできはしないだろうか。
 産業が発展していくにつれ、「製作者本能」の精神も拡大し、有閑階級は滅びの道をたどるだろう。これがウ゛ェブレンの、産業社会のたどる歴史のシナリオであった。とはいえ、ウ゛ェブレンのシナリオに反して、現在の消費社会は〈顕示的消費〉の全面開化といってもいいかもしれない。階級のトップから規範や価値観が与えられるのではなく、むしろボトムから次々と新しい消費スタイルが生まれている。たとえば、レゲエやヒップホップやパンク・ムーブメント。こうしたカルチャーは、担い手である彼らの〈生〉の価値観に密接に結びついているにちがいない。
  とはいえ、ウ゛ェブレンの『有閑階級の理論』が全く非現実的なものとなり、現在において有用性を失ったということにはならないだろう。ウ゛ェブレン曰く、〈社会進化〉とは「共同性の環境が持つ圧力の下で、気質と思考習慣とが淘汰的に適応していくプロセスである。思考習慣の適応が制度の成長である」。こうした理論のダイナミクスと、特異な批判意識に貫かれた叙述を味わうことができる。この本は、わたしたちが生きている現実に新たな視点を確保してくれることはまちがいない。みなさんもぜひ一読を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/20 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/10 01:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/11 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/10 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/29 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/23 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/19 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/08 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む