サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 家族という神話 アメリカン・ファミリーの夢と現実

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

家族という神話 アメリカン・ファミリーの夢と現実
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:20cm/429,16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-86307-9
  • 国内送料無料

紙の本

家族という神話 アメリカン・ファミリーの夢と現実

著者 ステファニー・クーンツ (著),岡村 ひとみ (訳)

テレビドラマなどで親しんできた豊かで幸せなアメリカの家族像は、実は「どこにもなかった過去」であった。「幸せ家族」幻想を打ち砕き、現代の家族の有り様を問い直す。【「TRC ...

もっと見る

家族という神話 アメリカン・ファミリーの夢と現実

4,104(税込)

ポイント :38pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

テレビドラマなどで親しんできた豊かで幸せなアメリカの家族像は、実は「どこにもなかった過去」であった。「幸せ家族」幻想を打ち砕き、現代の家族の有り様を問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ステファニー・クーンツ

略歴
〈クーンツ〉エヴァーグリーン州立大学教授。家族史、社会史、女性史を専門とする。古くからの反戦活動家としても知られる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

神話の役割と強さ

2011/11/13 22:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「両親が女性」という家族のアメリカ映画を見た。大きくなった子どもは、精子提供者である生物学上の「父」に関心をもち、探し出して・・・、とそのてんやわんやが描かれる。子どもをもった同性婚カップルの「その後」という、先端的な設定で話題をつくろうとしたのだろうが、その描かれ方はとても「ふつう」であった。言い換えれば、「両親共に女性だろうがなんだろうが、家族は家族だ」というメッセージ満載だった。むしろ、このふつうさのほうに驚いてしまった。
 本書は、そのアメリカにおける「家族は家族だ」を歴史的に問い返す試みである。著者のことばを借りれば、「伝統的」とおもわれる家族は、アメリカの歴史の中で一度も存在しなかった、ということである。もしくは、1950年代のごく一部の白人中流家庭によって実現されていたに過ぎないイメージが、普遍的な価値を持つものとして理想化されたにすぎない、ということである。「近代家族」の議論になじんだ人ならば、さして新味はないだろう。しかし、ここでとりあげられる、さまざまなエピソードや事実、そしてテレビドラマなどメディア上のイメージなどの丹念な収集からは、日本の家族論議においても、多くの刺激を得ることができるだろう。
 目を惹くのは、アメリカンファミリーと対になる価値観としてあった「自立の精神」についての議論である。アメリカにおける自立の精神の原像は、家族単位で行なわれた西部開拓民にある。そう、あの「大草原の小さな家」である。家族こそが自立のための基本単位なのである。本書では、そうしたイメージはあくまで虚像でしかなく、国家による支えなくしては成り立たないものであったことを詳細に明らかにしていく。アメリカ社会における格差の大きさは、こうした自立の精神によって肯定されてきたといってよい。いいかえれば「私がこれだけの報酬が得られるのは、私が自立した精神でがんばってきたからである」と。著者の議論は、そこに「自分の得た報酬は。実は自分の能力や努力によるものではないかもしれない」という考えを入れるきっかけとなるはずだ。
 本書の原書が刊行されてからだいぶ日が経っているようだが、本書は明らかに80年代の「家族回帰」へのアンチテーゼとして出されていることがわかる。この時間差は、本書の受け止め方にも差をもたらしているのであろう。日本でも、近代家族論議も一時期のようにははやらないようだ。「無縁社会」など「現実」からの別のインプットが大きな影響を与えていかにみえる。もしからしたら、家族は神話でしかないことに皆が気がついてしまっているからかもしれない。しかし、「児童虐待」の問題など、(本書でも繰り返し取り上げられ)本来であれば当時の論客が踏み込むべき課題はまだまだあるように感じるが、いかがか。家族に代わる絆は何なのか、議論すべきものは山ほどあるのではないだろうか。
 ところで、本書で著者はアメリカの伝統的家族のもつ虚像性を繰り返し指摘している訳で、それは説得力もある。しかし、これだけ根拠がうすかったにもかかわらず、なにゆえそのイメージが強力に広がったのかが、かえって気になってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/16 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会学 ランキング

社会学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む