サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

桜の園(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-326225-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

桜の園 (岩波文庫)

著者 チェーホフ (作),小野 理子 (訳)

桜の園 (岩波文庫)

562(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

知恵が豊富なチェーホフ

2003/07/30 15:09

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:REN - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜の園は借金のために競売にかけられようとしている。実業家のロパーヒンは、桜の園の地主ラネーフスカヤに桜の園を別荘地として貸し出し、そのお金で借金を払うように説得するが、ラネーフスカヤはその案を理解することができない。
先日、テレビで蜷川幸雄演出の「桜の園」を観たが、ロパーヒンが説得しても、ラネーフスカヤがその申し出を理解できない様子は、養老孟司の「バカの壁」のようだった。まったく現代と同じだと思った。さすが、知恵が豊富なチェーホフ?(笑)
この戯曲の中で気に入ったセリフを紹介。
「もしもある病気に対して、医者があまりにいろいろな治療法をすすめる時は、それが不治の病いだ、ということだ。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「滑稽さが分からない人には悲しさも分からない。両者は繋がっているのだから」——ナボコフの指摘を参考に、貴族の没落する芝居から「喜劇」的要素を探る「読み」。

2005/03/09 23:39

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 革命前夜のロシア貴族社会、遺産が男女の別に関係なくすべての子どもに分配されるという法律から、「桜の園」の妹は経済力を得てフランスに身分の異なる愛人と出奔する。あとに残された兄には経営能力がなく、彼らの暮らしを支えるはずの領地は農産物を充分に生み出せなくなり、いまや競売を待つよりほかになくなっている。
 そのような状況下で帰国を余儀なくされた妹ラネーフスカヤにしてみれば、これは悲劇としか呼びようがない。当地では5月に咲くという桜を背景にしたがえれば、はらはら舞い散る花びらが哀切を誘うのは致し方ないことである。ましてやこれが桜の国・日本で上演されることがあると、貴族没落の夕べに人生の悲哀を重ねる叙情を演劇人たちが漂わせたくなるのは自然の流れとしか思えない。
 しかるに脚本家本人のチェーホフをして、これは4幕の喜劇なのだという位置付け。なのに、脚本を依頼してきたモスクワ芸術座自体が悲劇として演じていたことにチェーホフは不満を抱いていたという。

「悲劇なのか喜劇なのか」——解釈をめぐり演劇界では多様な演出が試みられてきながら、同時に演劇人あこがれの芝居として愛されつづけてきたようである。初読からはや幾とせ、その間に実は舞台でこの芝居を観たことのない身で再読を試みても、やはり悲劇にしか映らない。
 幸いにして、この比較的新しい訳本は、「せりふのやりとりの面白さを、どうにかしてそれらしいリズムのある日本語にうつすことはできないか」という野心を元に果たされたということ。登場人物がばらばら喋って意図するところが分かりにくかった第2幕の野外の場面などは、思惑と会話の錯綜こそがコメディのコメディたるゆえんなのかなと理解がおぼつくような展開になっている。

 芝居は見ていないけれども、再読までの幾とせの間に、ロシア文学の素晴らしいアンチョコ(って、もはや死語?)は手に入れることができた。「チェーホフの関心は、その言葉が人生の真実であるかどうか、象徴ではなく一人の人間としてのその老人の性格に照らして真実であるかどうか、というところに向けられていた」(『ロシア文学講義』1992年版新装復刊303P)と高くチェーホフ作品を評価する、審美眼のかたまりのような作家ナボコフは、この作家のユーモアについて次のように分析している。
——チェーホフの本は、ユーモラスな人びとにとっては悲しい本である。すなわち、ユーモアの感覚をそなえた読者だけが、その悲しさを本当に味わうことができる。(中略)この作家にとって物事は滑稽であると同時に悲しいのだが、滑稽さが分からない人には悲しさも分からない。両者は繋がっているのだから。(前掲書307P)

 読み手の読解力に階層を設けたいかにもナボコフらしい物言いと見るが、年を重ねて読み返してみると、悲劇喜劇の表裏一体は、貴族の女性ラネーフスカヤよりもむしろ、新興の資産家ロパーヒンに見受けられた。「桜の園」の競売を避けるため分譲を兄妹に勧め知恵をつける彼は、それがラネーフスカヤのために善かれと思っている。しかし、彼らの拒絶でその「善」は成され得ない。この成金ロパーヒンは明らかにラネーフスカヤを慕っており、それは彼女の出奔前からの身分違いの片恋であり、「桜の園」をめぐる彼の暗躍は「道化」のように取れる。「道化」を滑稽と取るか悲しいと取るかは同じ物事の異なる側面でしかなく、その意味において、ロパーヒンの存在こそがチェーホフの喜劇の意図を支える存在なのかと思えて仕方なかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/09/02 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/17 07:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/06 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/22 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/29 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/28 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/18 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/20 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/26 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/22 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/13 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る