サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ペンギンゴコロ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 文渓堂
  • サイズ:20cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89423-202-2
  • 国内送料無料

紙の本

ペンギンゴコロ

著者 さかざき ちはる (作・絵)

わたしのココロはペンギンの形をしている。ペンギンなのでもちろん白と黒にぬりわけられている。後ろ向きになりがちな心や、迷子になりそうな心をはげましてくれる、ココロで読む絵本...

もっと見る

ペンギンゴコロ

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

10代の心にひびく、YA詩集 6巻セット

  • 税込価格:7,56070pt
  • 発送可能日:購入できません

音読詩集 5巻セット

  • 税込価格:6,69662pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

わたしのココロはペンギンの形をしている。ペンギンなのでもちろん白と黒にぬりわけられている。後ろ向きになりがちな心や、迷子になりそうな心をはげましてくれる、ココロで読む絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

さかざき ちはる

略歴
〈さかざきちはる〉1967年千葉県生まれ。東京芸術大学デザイン科卒業。ステーショナリーデザインの仕事を経て、現在、フリーのイラストレーター。絵本に「ハッピーバースデーディア」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ペンギンゴコロ、うたゴコロ。

2003/09/02 22:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ペンギンゴコロ、うたゴコロ。
それは、短くて、可愛くて、あたたかくて、優しい歌。
この絵本で、寄り添う言葉とイラストが、私には歌として響きます。

  「わたしのココロは
   ペンギンの形を
   している」

  「胸に手をあてると
   ペンギンが
   いるのがわかる」
  (本書の冒頭より引用)


私の心はペンギンの形をしていません。
でも、「ヒナゴコロ」も「南極点」も
大人になるまでに通ってきました。

私の心はどんな形をしているのか。
本書をヒントに考えましたが、
何一つしっくりくるものはありませんでした。


様々な種類のいるペンギンの中でも、「シンプルな心」担当の
「アデリーペンギン」が著者の心の形なのだそうです。

  「ほかのペンギンに
   あこがれた日びも
   あった」

  「でも今は
   アデリーペンギンが
   気に入っている」
  (本書より引用)


頼りになる反面、頑固に拒否権を発動して
理性を振り回す、やっかいな心。

自信満々で「ついてこい」という気配なので、
安心して後に続けば、袋小路で行き詰まる心。

壁に叩きつけても、換えがきかないから
いずれ、拾って洗って繕って、つきあい続けた心。

そんな心とペンギン。

結びつくはずが無いのに、奇妙な説得力で
繋がりを実感させられる悔しさ。

少し憎らしくて、かわいらしい一冊。


私の心はペンギンの形をしていません。
でも、「ヒナゴコロ」の渦中に、「南極点」の
存在を指し示す役割を、もし本書が果たしたとしたら、
深く出会えたかもしれません。

あるいは、長くつき合えたかもしれない、友だちのような一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/02 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/01 03:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/06 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/25 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/14 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/13 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/19 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/28 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/19 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/02 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/09 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/19 05:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

おとな向け絵本 ランキング

おとな向け絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む