サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴムあたまポンたろう
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 童心社
  • サイズ:27cm/31p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-494-00881-8
絵本

紙の本

ゴムあたまポンたろう (絵本・こどものひろば)

著者 長 新太 (作)

【日本絵本賞(第4回)】あたまがゴムでできている「ポンたろう」。やまにポンとぶつかって、ボールのように空をとぶ。大男の角やトゲいっぱいのバラの花園など、頭をぶつけながらポ...

もっと見る

ゴムあたまポンたろう (絵本・こどものひろば)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

ユーモア絵本セット 6巻セット

  • 税込価格:8,58078pt
  • 発送可能日:購入できません

ユーモア絵本セット 6巻セット

  • 税込価格:8,58078pt
  • 発送可能日:購入できません

ユーモア絵本セット 6巻セット

  • 税込価格:8,58078pt
  • 発送可能日:購入できません

童心社の絵本セレクト Aセット 15巻セット

  • 税込価格:21,230193pt
  • 発送可能日:購入できません

学級文庫 低・中学年向の絵本 15巻セット

  • 税込価格:21,230193pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本絵本賞(第4回)】あたまがゴムでできている「ポンたろう」。やまにポンとぶつかって、ボールのように空をとぶ。大男の角やトゲいっぱいのバラの花園など、頭をぶつけながらポンたろうの旅は続きます。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長 新太

略歴
〈長新太〉1927年東京都生まれ。漫画家、絵本作家。絵本「おしゃべりなたまごやき」で文芸春秋漫画賞受賞以後、受賞多数。絵本、漫画、エッセイなど著書多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店京都店

頭がゴムでできてるポ...

ジュンク堂書店京都店さん

頭がゴムでできてるポンたろうくんです。山にポンとぶつかるとボールのように飛んでいきます。何処にとんでくのかな?大男のバットのような角にあたったり、おばけのお父さんにあたったり、どんな物にあたってもゴムだから痛くないそうです。飛んで行きながら、ポンたろうは、いろんな世界を見ています。ポンとはじかれなかったら、このお話は続きません。バラのとげに驚いて、ぶつかり、ハリネズミのハリには当たらなかったようです。何の事だろうと思われる方、是非読んで下さい。長さんの優しさが、見えてくる1冊です。
  京都店 児童書担当

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

久しぶりに面白い絵本発見!

2001/10/22 19:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JO  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まず,表紙を見て驚いた。ピンクの空に坊主頭の男の子が浮かんでいる。しかも,その表情は子供と言うよりお坊さんのように無表情。「いったいどんな話なのだろう?」 と手にとってしまう。次に題名だ。「ゴムあたまポンたろう」実におかしな名前である。これだけで,読みたくなってくる。中をめくるといきなりゴムあたまポンたろうが飛んでくるのだから,もう,たまらない。次から次へと奇想天外な話にわくわく。物語の最後はお母さんのようなゴムの木ですやすや眠る場面で,こどももここで一緒にほっとするようだ。
 奇想天外な話と奇抜な色は妙にマッチしている。今,私のクラスで一番人気の絵本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ポンたろうはどこへ行く?奇想天外な中に流れる深いやさしさ

2003/01/19 10:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あたまがゴムでできている「ゴムあたまポンたろう」がポン!とぶつかり飛んでいきます。おおおとこの野球のバットのようなつの、バラのとげ、オバケのオトウサン、ジャングルの木、それからそれから…
 
 奇想天外、予測不可能、楽しくページをめくりながらも、気になります。
どうやらポンたろうは行く先を選べないさだめのようなのです。
ゴムのあたまは、どんなものにあたってもいたくないけれど、やわらかいものでは飛んでいけないし、オバケにあたればこわいし、たんさんの動物たちの中に落ちたらどうなるのだろう、ポンたろうと一緒に心配になります。
 ハリネズミがいっぱい遊んでいるところでは、ドッキリ! そのあと思わず笑ってしまい、ほっとします。 

 とんできたところにあったのはゴムの木。ゴムあたまポンたろうにとってはお母さんのような存在なのかしら。最後にじんわり、やさしい気持ちにつつまれます。

 長新太さんの絵本は奇想天外、奇妙奇天烈なだけではありません。根底に流れるやさしさ、その深いこと。それが大好きなのです。

 先日ちひろ美術館で開催されていた『コレガ長新太ナノヨ展』に行って来ました。
そうしたらいたんです、ポンたろうが。吹き抜けの階段と屋根のはしっに。木の板でできています。長新太さんご自身が色をつけている製作中の写真もありました。原画以上に感激してしまいました。
 
 ハイハイする二男と遊んでくれた6歳と4歳の姉妹に「ポンたろう、見た?」と訊いてみたら揃ってうなずいて「あそこにもいるよ」。指さす先には入口手前の駐車場前の木に休んでいる姿。二階からはよく見えましたが、入ってくるときには見逃していました。教えてくれてありがとう。
 
 3歳の長男は原画にはそれほど関心を示しませんでしたが(外見では。内面ではどうなんでしょうね、計り知れません。興奮する親の姿を見るだけでもよしとしましょう、今回は)、ポンたろうの存在は気になっていたようです。
なかなか遊びごころあふれる展覧会、ポンたろうに会えてよかったよ。いっそう愛おしくなりました。

『ML 長新太fan』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルからしてへん……

2002/07/12 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長新太さん、勘弁してください、という感じです。
どうして、この人の創るお話は、こんなに突拍子もない話なのでしょう
(そこがいいのですが)。

あたまがゴムでできている「ゴムあたまポンたろう」!!
山にポンとぶつかって、ボールのようにぐんぐん飛んで行くんだから大変。
本当にどうしたら、こんな話が思いつくのでしょう。
いろんな物にぶつかりながら、ポンポンと飛びまくります。

それにしても、長新太さんの絵はすてきです。
足のふみ場がないくらいのキリンやゾウなどの群れ、ハリネズミの軍団……。
色鮮やかで、のびのびと描かれていて、それはそれはすばらしいです。
主人公がゴムあたまポンたろうでも、ビュンたろうでも、なにが存在していてもおかしくない、独特な世界が描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長新太先生、あなたの頭の作りはやっぱりタダモノじゃない!

2001/04/20 11:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 絵本作家・長新太は、日本の絵本界を牽引してきた福音館書店のペーパーバック絵本「こどものとも」の創生期に絵本界にさっそうとデビュー。漫画界の手塚治虫や映画評論界の淀川長治のように大衆に限りない喜びを与え、自らの作品で後進を刺激して育て、常に第一線を駆けつづけている巨匠である。

 その頭の中身はとんでもない。
「よくぞここまで」というとびぬけた想像力の翼で、ユーモアやナンセンスの国へ人々を連れ去る。
 童話のさし絵の仕事を含めると200冊は下らない作品群のなかで、今回紹介する絵本はごく最近出た絵本であるが、そのナンセンスぶりは超ど級という感がある。

 ああ、それなのに…オトロチイことに、このナンセンス絵本が読書感想文コンクールの課題図書に選定されたことがあるのである。作品の評価だけでなく、芥川・直木賞のように出版社の政治力で選定されると言われる課題図書であるが、選考にかかわった人は、小学校低学年の子どもにどんな感想文を書かせようと意図したのだか、ぜひ訊いてみたいものだ。

 あたまがゴムでできたポンたろうがとんでくる。
 山にぶつかりポーンととんでいく、大男のバッドのような角にも当たるし、バラのとげに刺さり、オバケのおとうさんの頭に当たり…という具合。
 サバンナらしき土地や海の上を渡ったポンたろうは、たまたまゴムの木のところに飛んでいき、そこでゆっくり寝むことにして、おしまい。

 絵は、最近の長新太が好んで使う、あざやかなオレンジやピンクの色を基調にしている。
 通常、印刷のインキはマゼンタ(赤)、シアン(青)、イエロー、ブラックの基本4色のセットになっており、その掛け合わせであらゆる色を表現しようとする場合が多い。
 長新太のあざやかカラーは、そのインキのマゼンタに蛍光を混ぜると出やすくなるが、原画の発色にはなかなか及ばない。

 齢を重ねられてますますハデハデ・ダンディーになったきれいな色の絵が、突き抜けたナンセンスのお話にぴったりである。
 絵に目を奪われ、お話に頭を連れ去られることで、未来の宇宙飛行士や政治家や修理士や先生や芸術家やエンジニアや父や母などを、たっぷりと活性化してやろうじゃないか。
 もうすでに、そうなってしまった人たちにも同じ刺激を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何者?

2017/06/04 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴムあたまが割れないように、いろいろな場所へうまく飛んでいくし、行く場所によってけられたり、あたったりを繰り返しながら、ぷよぷよ飛ぶさまは見てておかしくもあり、一体何者かという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなたの街にもポンたろうが飛んでくるかも(^^)

2000/11/03 12:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ポンたろうは、頭がゴムで出来ています。
いろいろなモノにはじきとばされ、ボールの様にどんどん遠くに飛ばされていきます。
でも、ゴムで出来ているので、トゲやハリに刺さると大変です。

 真面目な顔をし直立不動でぶつかり、飛ばされるポンたろう。
こんな子いる訳ないじゃん!と思いつつ、ついつい見入ってしまう絵本です。

 この絵本を低学年対象のお話会で読みました。
子供たちは、最初から最後まで大爆笑。
この奇想天外な発想が、子供たちには人気が高いようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/31 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/30 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/07 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/23 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/09 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/17 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/16 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/17 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/15 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。