サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はいけい女王様、弟を助けてください
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-860829-6

紙の本

はいけい女王様、弟を助けてください

著者 モーリス・グライツマン (作),唐沢 則幸 (訳),横山 ふさ子 (挿絵)

弟のルークの病気はもう治らないと聞かされたコリン。世界一の名医を求めてコリンはイギリスの女王様に手紙を書く。不治の病の弟のために名医を探す男の子の姿をユーモアたっぷりに描...

もっと見る

はいけい女王様、弟を助けてください

税込 1,485 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

問題を抱える友だちのことを知る児童文学セット 7巻セット

  • 税込価格:11,123101pt
  • 発送可能日:購入できません

問題を抱える友だちのことを知る児童文学セ 7巻セット

  • 税込価格:11,123101pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弟のルークの病気はもう治らないと聞かされたコリン。世界一の名医を求めてコリンはイギリスの女王様に手紙を書く。不治の病の弟のために名医を探す男の子の姿をユーモアたっぷりに描いた、感動的な物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

モーリス・グライツマン

略歴
〈モーリス・グライツマン〉1953年イギリス生まれ。16歳の時オーストラリアに移住。映画のシナリオ作家、新聞のコラムニストを経て、児童文学を書くようになる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子供の精神的な成長を書いた秀作

2001/06/09 00:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「なんでルークばっかり」と不満たらたらだったコリンが、ガンの事を知って、大奮闘します。もっとも、最初の内は「ルークを治せる医者を見つければ、僕がヒーローになれるんだ」なんていう理由でした。けれど、障害に阻まれ、なかなか物事が上手くいかず、ガンにかかるとはどういうという事かを次第に分かって行く過程で、本当にルークを治したいという気持ちが芽生えます。この、子供の単純なようで少し分かりづらい心理を、とても上手に表しているように思いました。
 自分自身の幼少時代にも似たような思い出があり、それとコリンが重なり、読み耽りました。エゴ的なヒーローになりたいという気持ちで動いていたコリンが、純粋に助けたいと言う気持ちに変わった時、手を差し伸べた大人はたった一人だけでした。他の大人たちは「女王様に会う」ことや「世界一の名医を探す」ということに耳も貸さず、ただ、コリンをあざ笑います。
 これが現実の姿なのでしょうが、この本を読んでいる時、私はどちら側の大人なのだろうかと考えてしまいました。
 バッキンガム宮殿の衛士に「女王様に会わせて」と頼んだコリン。衛士は、ただコリンを無視します。そんな衛士に対して「ひょっとしたら耳が聞こえないんじゃないか」と考えたコリン…。本文ではサラリとかかれているエピソードですが、この二人の対比が、非常に印象に残りました。コリンの切実な願いを、馬鹿にした思いで黙殺した衛士。その時のコリンの気持ちを考えると、切なくなります。

 この作品は世界的な大ヒット。オーストラリアでは芝居にもなってロングランを重ねたそうです。日本ではおそらく、あまり知られていない作品だとは思いますが、それは非常に勿体無いことだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/01 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/17 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します外国の作品 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。