サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ホラー文庫
  • サイズ:15cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-188004-1
文庫

紙の本

ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)

著者 小池 真理子 (ほか著)

〔「絆」(1996年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)

税込 692 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

生きがい 小池真理子 著 5-28
ナイトダイビング 鈴木光司 著 29-58
小羊 篠田節子 著 59-106

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

豪華な執筆陣

2002/07/12 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:scarecrow - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「リング」の鈴木光司、「パラサイト・イヴ」の瀬名秀明、
「墓地を見おろす家」の小池真理子、etc…と
豪華な作家陣によるホラー(?)短編集。
内容は他の短編集の類に洩れず、作品別の完成度が
バラバラなので総合評価は★三つとしました。
 が、遅筆なことで有名な瀬名秀明氏の作品が入ってることに注目。
しかも彼の作品「Gene」は短編ながらも特長が良く出ており、
なかなか読ませてくれる良作となっております。
つまり、瀬名秀明のファンならそれだけで買いです。
また、小林泰三氏のファンの方は「兆」が
収録されている事にも注目して欲しい。
というのも、「兆」は小林泰三の作品の多くに出てきている
謎の存在なのだが、それの原点がここにあります。
 本書は誰にでも手放しで薦められる存在ではないが、一部の
ホラー小説ファンの方にとっては非常に貴重な存在と言えると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小林泰三氏の作品が好きな人におすすめ!

2003/01/29 06:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akizawa - この投稿者のレビュー一覧を見る

小林泰三氏の作品が好きなので、買ってしまいました。
氏の作品の多くは、彼特有のなまなましい雰囲気が満ち溢れており、その世界感にひたっているだけでも十分に楽しめます。
この本に収録されている『兆』もそのひとつで、もし彼が、日常風景の一部を切り取って描いていても、そこは、すでに非日常の雰囲気につつまれており、気がつくと、日常そのものが不確かなものになっています。
ストーリーの展開は見事で、想像したくないほどリアルな描写が多くあらわれます。
想像力が豊かな人は、このおどろおどろしい雰囲気に飲み込まれてしまうかもしれないので気をつけてください。
『兆』に出てくる「兆」という存在は、後に氏の作品の多くに登場する人物の底辺に流れているものなので、小林泰三氏の作品が好きな人には強くおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/25 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/27 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/05 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/01 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/31 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/06 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/02 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/03 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 05:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/04 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/10 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。