サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

『犠牲』への手紙
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.4
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-353680-9
  • 国内送料無料

紙の本

『犠牲』への手紙

著者 柳田 邦男 (著)

「犠牲 わが息子・脳死の11日」に読者から寄せられた感想はそれぞれの人生が投影された重いものだった。その一部を紹介し、次男の生と死、著者自身の心の旅についても語る。悲しみ...

もっと見る

『犠牲』への手紙

1,543(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「犠牲 わが息子・脳死の11日」に読者から寄せられた感想はそれぞれの人生が投影された重いものだった。その一部を紹介し、次男の生と死、著者自身の心の旅についても語る。悲しみからの再生と癒しの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柳田 邦男

略歴
〈柳田邦男〉1936年栃木県生まれ。東京大学経済学部卒業。NHK記者を経てノンフィクション作家に。著書に「人間の事実」「20世紀は人間を幸福にしたか」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「納得のできる物語」の創出

2003/03/17 13:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Helena - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本の柳田の主たるテーマである、自死、脳死をめぐって書かれていることは、もちろん、壮絶な記録であり、心が揺り動かされるものであった。もちろん、それだけで十分に読むに値する。
 ただもう一つ。柳田が、これらの記録を綴ることを通して、自己を再生していった過程が、自覚的に述べられていて、興味深い。

 柳田は、河合隼雄を引用しながら、「人が生きるうえでの物語の意義」について述べている。身近な者の死に直面したときに、いかに人は、「納得のできる物語」を作っていくのか。その過程そのものを、グリーフワーク(悲嘆の癒しの仕事)だとしている。
 『犠牲』を読んだ読者たちが、その感想を綴りながら、自らの身近な者の死を綴った手紙を、柳田に寄せる(それを集めたものが『『犠牲』への手紙』)。そのこと自体が、グリーフワークになっているという。「なぜなら、他者に向かって語るとか書くという行為は、自分の内面にある混沌として喪失対象の人間像や人生の足跡や自分との関係性を整理して、“物語”として組み立てる作業にほかならないからだ。」[手紙:19]

 『犠牲』を読んでいて、柳田が、これを書くことで、なんとか自分を保とうとしていることが、痛いほど伝わってくる。私にとっては、その痛いまでの柳田の思いが、『犠牲』の、最大にテーマになっているように感じられていた(その意味で、巻末に掲載されていた、高校生の感想文には、ちょっと違和感が)。
 
 辛い現実に向かって書くということが、いかに勇気を必要とすることか。けれどもう一方で、そのことによって自らを保つ。書くことの深さを、改めて考えさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/18 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/16 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/07 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る