サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねむり姫(河出文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.4
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/256p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-40534-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ねむり姫 (河出文庫)

著者 渋沢 竜彦 (著)

ねむり姫 (河出文庫)

648(税込)

ねむり姫

463 (税込)

ねむり姫

ポイント :4pt / 紙の本より185おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

ねむり姫 11-60
狐媚記 61-98
ぼろんじ 99-140

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

六つの美しい珠を収めた宝石箱

2009/04/10 23:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 平安時代から江戸時代にかけての妖異譚が六つ。「ねむり姫」「狐媚記」「ぼろんじ」「夢ちがえ」「画美人」「きらら姫」。澁澤龍彦の小説のなかでも殊に魅力的な『高丘親王航海記』(1987)や短篇集『うつろ舟』(1986)に先立つ1982年~1983年(昭和58年)にかけて書かれた、これも本当に魅力的な短篇集。

 「ねむり姫」の、ひたひたと満ちてくる“水”。
 「狐媚記」の、夜光る“狐玉”。
 「ぼろんじ」の、小さな“節穴”が遠眼鏡になり変わる不思議。
 「夢ちがえ」の、他人の“夢”を吸いこんでしまう頭の中の匣(ハコ)。
 「画美人」の、画中の唐様美人の馥郁たる“芳香”。
 「きらら姫」の、北斗の七つ星を舟に見立てた“星舟”が、夜空を翔る件り。
 いずれも、妖しいエロスが匂い立つ話の中に、宝石のような美しいイメージが煌めいていて、素晴らしかった。

 わけても気に入った作品は、一点で結ばれるふたつの線に妙味を感じた「ぼろんじ」(“虚無僧”の意)と、江戸時代のタイム・トラベルを綴った「きらら姫」。どちらの短篇も、途中から意外な方向に話が逸れて行く・・・、その逸れて行き方が素敵だったのが印象に残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説がもっと読みたかったのに

2002/07/26 04:10

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カレン - この投稿者のレビュー一覧を見る

あやしの恋、一般的でないものへの執着というすべての澁澤作品に共通のテーマによって書かれた短編集。
中でも表題作の「ねむり姫」は、とびぬけて幻想的で夢のように美しい。
幼いころから影の薄いおとなしい子どもだった珠名姫は、14歳で深い眠りにおちったまま目覚めなくなった。厄払いのためそのまま輿にのせられて、寺々を巡礼させられてゆく。
ほとんど自我というものを持たぬ姫。その蒼味をおびた透き通るような肌、はかなげな姿はねむったまま棺に入れられ方々を巡回ささられるのにふさわしい。
宇治川に棺ごと流され漂っていく光景や、手首をなにものかに食いちぎられて血まみれにしたままそれでも眠り続ける姿は、とてもエロチックで詩心をかきたてられる。

澁澤龍彦の世界の真髄はその小説にある。
エッセイや翻訳はあくまで露払いで、そこでまいた種が小説世界で見事に結実したのが澁澤文学ではないだろうか。
それだけにその早すぎる死は非常に残念だ。
残した小説の数は、あまりに少ない。
どこからか未発表の短編小説でも出てくることを夢見て、それまで今日も既刊の作品を読み返す。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/06 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/11 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/17 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/27 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/24 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/12 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/05 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/23 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/25 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/14 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/17 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/27 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る