サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ゴルディアスの結び目

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴルディアスの結び目(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.4
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-391-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ゴルディアスの結び目 (ハルキ文庫)

著者 小松 左京 (著)

ゴルディアスの結び目 (ハルキ文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

岬にて 7-78
ゴルディアスの結び目 79-162
すぺるむ・さぴえんすの冒険 163-234

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ゴルディアスの結び目

2015/02/18 13:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:寿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小松左京氏のベスト作品として本作品をチョイスしている人が多く気になって購読してみた。四つの短編で構成され、「岬にて」で幕を開ける。やや躊躇しながらも読み進めていくにつれて作者の偉大さに引き込まれていきました。ひとくちにSFと言ってもこの四篇のバリエーションは凄いとしか言えなかった。作者の円熟した境地といえるのではないでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

想像力の大穴

2015/12/13 03:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は現在絶版となってしまったが、表題作と「あなろぐ・らう」の2つは「小松左京全集 完全版21」で読むことができる。ブラックホールをテーマにしたSFは数多くあるが、タイトルをアレキサンダーからとったのは斬新だ。著者独特の発想に驚かされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/12 18:32

投稿元:ブクログ

著者の宇宙観が壮大なスケールとイメージで目の前に現れます。
それでいて物語的な情緒に満ち溢れていて…
何度読んでも胸がドキドキします。

2007/04/28 17:23

投稿元:ブクログ

一生命体としての宇宙、意識の深淵、存在意義、美の感覚などなど哲学的にしか説明しようのない事柄を御大が感じる世界観で物語られています。
この本、短編集なのにホントにすごいです。

2011/08/27 00:52

投稿元:ブクログ

何がすごいって、平易かつ美しい文章が喚起するイメージのゆたかさ。ほんとにさらさらって読めてしまうんだけど、眼前にバーッと画が出ますよ。
「すぺるむ・さぴえんすの冒険」のラスト、うるっときてしまって、あ、こういう話、やっぱ自分好きなんやと思いました(笑)。「ゴルディアス」のエグいシーンも「あなろぐ・らう゛」のエロいシーンも、いい意味で何となく品が良くて、極北なんだけど温みが残ってるようで好き。
それにしても、SFと幻想小説の垣根って相当低いんでしょうか。違いが分からなくなっている私。

2009/09/02 22:49

投稿元:ブクログ

ゴルディアス四部作と呼ばれる短編集。
「ゴルディアスの結び目」・・・裏切られ犯された少女に取り憑いた心の闇を探り救うため、精神内部に潜り込むサイコダイバーとして呼ばれた伊藤。
ゴルディアスの結び目のように固く結ばれた魂を癒やす(解きほぐす)ことは可能なのか、そして伊藤が少女の内に見たものは・・・。
オカルト・超常現象な話から宇宙論へと入り、心の闇の深淵とブラックホールを繋げた表題作。他3篇

あとがきによれば、この4作品は著者が地球上のあちこちを旅しているうちに感じたことを書き記したメモから作られたものであるという。
どの作品も宗教的、哲学的問いになってしまうものを著者なりの世界観で表したものだと言えそう。
どこか滑稽さや不条理な感じを受けるけどその発想、知識の豊富さには圧倒される、じっくりと読み進めていかないとなかなかついていけなかった。

必ずしも腑に落ちたというわけでもないので評価は3つにしましたが、いや〜すごいな・・・という作品ばかりで満足はできた短編集。

2011/11/18 00:00

投稿元:ブクログ

連作短編集。共通するテーマは『宇宙』や『人間』か。かなり哲学に寄ったものも、ど真ん中SFもあるけど、どれもとにかく壮大で壮絶。誇張ではなく、ひたすら筆力に圧倒されてしまった。名作だと思う。書かれてから30年という時代は、全く意味をなさなかった。…「いや、SFは『単なる』文学でなどある必要はない。むしろ、文学でしかありようがないものと、根本的に違うキャパシティを持つのがSFなのだ」(解説・角川文庫)

2009/11/27 14:33

投稿元:ブクログ

表題の短編しか読んでない。家にずっとあったんだけど親が読ませてくんなかった。おとなになってやっと読んだら読ませてくれなかった理由が分かった。えぐいぐろいシュールな夢の世界。芸術的。すげえ。

2014/04/12 22:50

投稿元:ブクログ

 小松左京って、こんな本格SF書く人だったんだ、という驚きがありました。でも、あまりにも唯物論的で途中から白けてしまいました。それぞれのテーマやモチーフが重なり合う連作ならではの面白さは確かにありますが、一つ一つの話の面白さはいまいちですし、描写はやけに詳細であるわりには全体の印象がわかりづらく、心像が描きづらかったです。なにより、青臭く、精神性に乏しいので、あくまで本格SF風なんだなーと。

2011/04/17 23:05

投稿元:ブクログ

これはね、スゴかったです。圧倒されました。
日本SFの泰斗・小松左京の連作短編集。60〜70年代あたりの近代科学文明バリバリ・筋立てもガジェットもきっちり論理的に練り上げられた欧米SFを読み漁ってきたSF者(それはかつての鴨でもあるヽ( ´ー`)ノ)がこの作品に出くわしたら、「なんだこれは!?」と面食らうと思います。第一印象はSFというより私小説、それも個人の精神にグッと深く切り込んだ哲学書のような、あるいは生を達観した者が脳裏に浮かんだ風景をそのまま書き連ねた散文のような、「魂の次元が違う」としかいいようのない独特の広漠とした世界観が全ての作品に通低しています。でも、バックボーンはちゃんとSF、"Sence of wonder"なんですよ。

鴨が一番衝撃を受けたのは、表題作「ゴルディアスの結び目」。外界と隔絶された精神病院で日夜恐ろしいポルターガイスト現象を起こし続ける昏睡状態の美少女と、彼女を巡る男たちの物語。筋立ては完全にオカルト・ホラーです。が、ポルターガイスト現象で発生する膨大なエネルギーは「エネルギー保存の法則」を超越しているのではないか?という実にSF的な着眼点を基にとことんまで思考実験を突き詰めると、ここまで壮絶なSF的ビジョンが広がってしまうのかと驚愕する結末です。想像力の極北とも言うべき大傑作ではないかと。

2012/10/07 01:43

投稿元:ブクログ

表題作ほか3篇収録の本書は、あとがきで言及されるように、宇宙の理に関する小松氏の思考メモを読んでいる感じでした。

本文P.269
「最終的には、人間は、宇宙を巨大な比喩として……人間的な"意味"を付与されたイメージとして呈示する以外に、宇宙との間に、"決着"をつけられないんじゃないんですかね。」

ひとが宇宙を理解しようとする試みは、結局、上述の結論に至るのかもしれない… もしかしたらこの宇宙の理は、ひとが想像する以上に残酷で、血の気の通わないものかもしれない…
だけれども、追求を止めない著者の真摯な姿が目に浮かびました。

ちなみに、メモなんて言葉を使ったけれど、そんな簡素な内容じゃありません。表題作の完成度は圧巻のひとこと。少女マリアの精神を探索する描写は、まさに筆力の極みです。

2012/05/24 23:08

投稿元:ブクログ

中性子星の中身の一例を描いてるようです。地平線上に浮かぶ細長い視線が、空恐ろしです。なんのことかわかんない? 読んでみてください。

2012/08/09 02:52

投稿元:ブクログ

「-論理的倫理より、情緒的・美的倫理のほうが分かりやすいし、陶酔しやすいのだ。-だから彼らは、個人的にも、集団的にも、大変“自殺”しやすい生物なんだ・・・。」としながら、
永遠に維持することはできないが、「宇宙全体の傾向」に対する「一時的局所的勝利」の記念碑として - 『美』の価値を謳う。
答えは簡単に出ない。

2012/04/12 08:01

投稿元:ブクログ

エントロピー最大化して均一になるのもひとつの結末。
ブラックホールが点在するように、濃淡がまばらにできるのもひとつ。

崩れ行く秩序の中で築かれる秩序は美しい

結び目とは秩序

ざっくりした宇宙の最初と最後に関するお話

2014/03/27 14:17

投稿元:ブクログ

叙情的SF。人の心理や宇宙に思いを馳せて揺蕩う(たゆたう)ような短篇が、徐々にその抽象度・スケールを拡大していく。読みにくさがジクジクとした雰囲気を作っておるように感じられます。

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る